その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

【2.ライフプランニング】将来に必要なお金などをシミュレーションしてもらう

現在の保険の内容が確認できたら、次にこれからの生活に必要な保障額を割り出します。

必要な保障額を割り出すには、

  • 死亡時に必要な保障額
  • 残された家族の生活費
  • 残された家族の住居費
  • 子どもの教育費

を合計します。

これら一つ一つについて細かく考えてみましょう。

今後の人生設計によって、金額の大きさが変わるはずです。

例えば、夫婦2人だけで暮らしており、今後も2人だけで暮らしていくつもりである。マンションはすでに購入済みである。夫婦ともに充分に生活費をまかなえるだけの収入がある。このような場合には、子供の教育資金は必要ありませんし、住居費もそれほど高額にする必要はありません。保障金額も抑えられるでしょう。

老後が心配なら、個人年金保険に加入したり、高度な医療を安心して受けられるように医療保険・がん保険などを充実させたりする方が良いかもしれません。

一方、小学生以下の子供が数人いて、私立の学校に通わせ、留学もさせたい、住宅ローンもまだ始めたばかりというような場合には、これらが十分にカバーできるような金額を保険で準備する必要があります。

もちろん、医療保険も必要になるでしょう。

夫が会社員である場合、短期の入院であれば、有給休暇が使えますので、家計に大きな打撃を受けることはありません。

しかし、万が一死亡してしまった場合、残された家族の生活費、住居費、子どもの教育費をカバーするのは、生命保険です。

遺族年金の額、会社からの支給額、万が一の時にどのくらいの貯蓄があるかの見通しなどを考えに入れて、生命保険のプランを決定します。

家族構成、家族の状況によって必要な保険のプランは違ってきます。

保険ショップのライフプランニングで将来の見通しをはっきりさせれば、どれくらいの保険が必要になるかもわかってきます。

子供の学費は充分に用意したい、長期治療が必要な病気になってしまった場合、住宅ローンはカバーしてほしいなどの希望に沿っているかどうかもチェックできます。不足しているところは見直しましょう。

ファイナンシャルプランナーが、あなたの要望に沿って、現在の保険から多すぎて無駄なものを省き、必要なものを加えた新しい保険のプランを提案してくれます。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ