その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

夢みるこどもの学資保険を調べました。

アフラックの学資保険です。契約者数が、日本一多い保険会社ですね。

保険料の改定

2013年4月2日より、保険料の改定がありますので、最新の保険料の情報は、ホームページにてお確かめください。4月からは、基本的には保険料が値上げとなり、また、同時に契約者である親の入ることのできる年齢が、保険料払込免除特則を付ける場合(通常ついています)は、契約年齢の上限が下がります。

アフラックの「夢見るこどもの学資保険」の特徴

特徴のひとつは、お支払いされる保険料より、もらえる金額の方が上回る貯蓄型の学資保険であるということです。この商品は、多くの契約者がいる「かんぽ生命」や他の大手保険会社の学資保険が、従来、払った保険料以上に戻らないというところを考慮して、「貯蓄性を重視」ということを最大の特徴にして販売されたものだと思われます。

当然、学資保険は、「保険」ですので、早期に途中解約してしまうと、払い込んだ保険料を下回る金額しかもらえないし、また、契約者が万が一の場合は、保険料払込免除特則を付けた場合、以後の保険料の払い込みが免除となります。

また、保険料のもらい方も、高校入学時に学資一時金としてもらって、子供の大学入学時と学生時代には、4年間年金形式でもらうことができます。

払い方のメリットのある方法として、10歳払済が選択できることです。つまり、子供が10歳になるまでに、保険料のすべての払い込みを終了する方法も選択できます。子供にあまり教育資金がかからない間に、すべて支払いを済ませてしまうのです。10歳を過ぎると、塾や中学受験など教育資金がかかることが多いので、そういう場合を考慮して発売されました。

「保険料払込免除特則」について

先ほど触れました「保険料払込免除特則」というのは、契約者が保険料払込期間中に死亡した時など一定の場合、それ以降保険料の支払いを免除されるということです。またほとんどの学資保険に該当しますが、この「夢みるこどもの学資保険」は、医師の診査が不要で、書類のみで入ることができますが、対面販売になっています。この学資保険は、設計の選択肢が多いので、お子様の将来に合わせて、プランを相談しながら設計をしていくと良いでしょう。
最近は、貯蓄性を重視する学資保険(こども保険)が各社から出ています。検討する場合は、必ず、戻り率を比較して入りましょう。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ