その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

自由診療保険メディコムワンを調べました。

自由診療保険メディコムワンとは

セコム損保から発売されている実費補填型のガン保険ですが、同社から発売されている同様の実費補填型の「自由診療保険メディコム」と比較して、乳がん経験者のみ加入ができる契約者の層がかなり限られた保険です。「メディコムワン」も「メディコム」と同様に保険期間は5年間です。

この保険は、告知項目や保険料の算出方法が、少々煩雑なところがあります。

加入の大前提として、過去に乳がんを患っており、加入の時点ではガンの所見がない方が挙げられます。年齢と以前の乳がんの状態、手術日からどれほど経過していれるかで保険料は変動します。

自由診療保険メディコムワンの保障内容

保障内容は、ガン入院時にかかった治療費を全額無制限に保障します。そして、退院後にかかる通院治療費が保険期間(5年間)を通じて最大1000万円まで保障されるようになっています。また、たとえ保険金の給付があったとしても、自動更新後にまた1000万円の保障が復元されます。ここまでは「メディコムワン」と「メディコム」と共通する項目です。

ただし、「メディコム」にはガン診断給付金がありますが、こちらの「メディコムワン」にはガン診断給付金の設定がありません。

保険料はかなり高額

乳がんを患ったことのある方が加入する保険ですのでその分、通常の方が入る保険に比べかなり高額になります。

たとえば乳がんを患ったことがない30歳の女性が通常のガン保険の「メディコム」に加入したとすると、月々の保険料は1,920円とこれだけの保障がありながら、なかなかお手ごろな保険料です。しかし、比較的初期がんであるステージ1の乳がんを患い、その手術日から7年半経過した時点で、「メディコムワン」に加入しようとすると同じ30歳女性でも保険料は5,060円と「メディコム」にはあるガン診断給付金の保障が無いのにも関わらず保険料はおよそ2.5倍となります。

今までにガンを患ったことがない方は、この保険を検討される必要がまったくありません。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ