その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

ガンになったことがある方も入りやすい みんなのほすピタる3,000を調べました。

「ガンになったことがある方も入りやすいみんなのほすピタる3,000」とは

ガンによる入院、手術から2年経過していればたとえ、現在ガン治療の通院中の方でも加入できてしまうガン保険「ガンになったことがある方も入りやすい みんなのほすピタる」ですが、同社の医療保険「みんなのほすピタる」シリーズと同様に、定額タイプが存在します。毎月の保険料の支払いから、保障額が導き出される商品です。

同じ保険料でも加入年齢が低いほど、保障の金額は大きく設定され、年齢が高くなるほど、保障の金額は低くなります。

また、3000円コースだけではなく、4000円や5000円といった価格設定もありますし、保障内容がパッケージ化されているので、予算を先行させてこの保険を選択したとしても、一通りの保障が揃っています。

気を付けなくてはならないのは、この保険はガンのみの保障であることです。通常の疾病では入院給付金の支払いは対象外になります。また、加入後1年間に保険金を請求する場合は保険金の支払額は50%に減額されています。

「ガンになったことがある方も入りやすいみんなのほすピタる3,000」の保障内容

非定額型の「ガンになったことがある方も入りやすい みんなのほすピタる」と基本的な保障内容は同じで、ガン入院保険金は入院初日から、日数は無制限に保障されます。ガンの再発リスクに備えたガン継続入院時の一時金の保障もあります。こちらは通常のガン保険の「みんなのほすピタる ガンタイプ」の「ガン診断一時金」と系統は似ていますが、支払いの条件が異なります。「みんなのほすピタる ガンタイプ」の場合、悪性新生物であっても、上皮内新生物であっても同様に扱い、医師から診断された時点で給付の対象になりますが、「ガンになったことがある方も入りやすい みんなのほすピタる」のガン継続入院時の一時金は、非定額型、定額型を問わず、悪性新生物または上皮内新生物により5日間以上の入院が継続した場合に一時金が支給されます。また、悪性新生物と上皮内新生物の扱いがことなり、それぞれ一時金の支払い額が異なります。

定額型と非定額型の違い

定額型は非定額型と違い、お祝い金と称した積立があります。結果として、その分多く保険料を払っているだけなのですが、それでも10年ごとにちょっとした金額が戻ってくる楽しみがあります。また、定額型の場合不慮事故での死亡保険金もセットされています。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ