その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)を調べました。

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)とは

SBI損保から発売されているがん保険ですが、この保障内容は入院日額型ではなく実費型の保障内容となっています。保険期間は5年と短く、5年ごとの更新となりその都度保険料は上がっていくというデメリットはありますが、自由診療まで保障するというなかなか魅力的な商品です。

そういった不安を解消できるのが、このSBI損保のガン保険(自由診療タイプ)なのです。この保険は、ガン入院でかかった費用は無制限に、そして通院でかかった費用は1000万円まで保障してくれるなんとも心強い保障内容です。

これで、いざガンを患ってしまった場合でも、預貯金を切り崩したり、または希望する治療をあきらめるということばなくなります。

ガンは若い人ほど進行が速いと言われています。ガン保険は若い人ほど必要な保険であると言えるでしょう。実費補填型の保険は定期保険でも、やや高いという印象がありますがそれでもこの保険は手厚すぎる保障内容で、若い方ならば比較的支払いやすい金額の保険料に収まります。

抗がん剤に関する特約について

まず、ガン治療において出てくるものが「抗がん剤」です。現在、抗がん剤に関する特約があるガン保険は珍しいものではありません。なぜ、ここまで「抗がん剤」に対する特約を気にする必要があるのでしょうか?

答えは「抗がん剤治療」に使われる抗がん剤の多くは、日本国内において未承認のものが多いのです。それらを使って治療をすると、公的保険制度の対象外となり治療費用は100%自己負担ということになります。これがいわゆる自由診療と呼ばれるものです。

一つの薬品が国内で承認されるまで、長い時間がかかります。そのため、ガンへの有効性が認知されていても、公的保険の対象とならないものが少なくありません。100%自己負担の場合、その金銭的負担はかなりのものです。「高額療養費制度があるのでは?」と思われた方もいるかと思いますが、高額療養医制度は自由診療については対象外です。

ですから、未承認薬の抗がん剤を使用したガン治療費用は青天井にかかるということになります。これでは、ガンと戦うにも戦う前に戦意を喪失せざるを得ません。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ