その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

医療保険CURE-S(キュア・エス)・Relief W(リリーフ・ダブル)を調べました。

医療保険CURE-S(キュア・エス)・Relief W(リリーフ・ダブル)は、オリックス生命から発売されている死亡保障のついた医療保険です。

どちらも大まかな保障内容は一緒でありますが、保険代理店経由の対面販売の場合は【CURE-S(キュア・エス)】、通販で加入する場合は【Relief W(リリーフ・ダブル)】とペットネームが使い分けられています。

少しの死亡保障と十分な医療保障

この保険の死亡保障は同社の【ファインセーブ】や【ブリッジ】の定期死亡保険のような大きな保障は不可能ですが、医療保障に加えてお葬式程度の死亡保障が一生涯に渡って、保障されます。子供が成長するまでは高額保障が必要と考えられていますが、それ以降はそれほど遺族にお金を残す必要はあまりありません。

この商品は同社の医療保険【キュア】をベースに作られていますので、医療保障自体も遜色のない内容です。

早期に払い込みを終えることもできますので、定年後の収入減少による不安も解消されます。

払い込み保険料を上回る終身の死亡保障

この保険は、医療保険の保障もありながら払い込み保険料を上回る金額の死亡保障が受けられることが何よりの魅力です。

たとえば、加入年齢30歳男性で入院日額1万円コースに60歳払い済みで加入したとすると、月々の保険料は10,788円になります。これを60歳まで支払うとすると、トータルの払い込み保険料は、3,883,680円となります。終身保険ですので、保障はもちろん一生涯にわたります。

入院日額1万円コースの死亡保障額は500万円です。

不死身の人間などいませんから、人間はいつか死を迎えます。つまり、この死亡保障は定期保険と違いどなたでも受け取る権利があるのです。

この場合、ざっと計算して約110万円以上は得をするわけです。これに医療保障が乗っかっているので、損をすることがない保険であると言えます。

ただ、これはあくまで死亡時までしっかりと契約が有効であった場合です。

この保険には解約返戻金がないため、解約をしてしまいますと丸々損をしてしまいます。この保険に加入する際は、死亡するまで解約しないことが大前提となります。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの保険見直し本舗はこちらから最寄りの店舗を探せます↓


保険見直し本舗

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ