その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

女性医療保険 レディース新EVERを調べました。

3つのプランから選べます。

  1. ベースプラン
    入院、手術、放射線治療が保障されます。
  2. スタンダード
    ベースプランに通院保障が付くことになります。
  3. お祝金プラス
    上記1、2は掛け捨てですが、これは、3年ごとに3万円お祝金として支払われます。

入院給付金について

たとえば、通常入院で日額5000円で、女性特有の疾病(例えば、妊娠、乳房、子宮、卵巣・卵管、間接リウマチなど)でプラス5000円、合計1万円支払われます。通算日数は1095日で、入院初日から給付されます。

通院給付金について

入院後の通院も保障されています(スタンダードプランとお祝金プラスのプラン)。1回の通院給付金の支払い対象期間中、最高30日まで、病気・ケガそれぞれ通算1095日まで支払われます。

手術給付金について

入院なしの手術は、2.5万円、入院ありの手術で5万円、支払い回数は無制限ですが、一連の手術については14日間で1回まで給付されます。

その他の給付金、一時金について

ガン開腹手術など重大手術の場合は、20万円支給されます。新生物の治療目的のための放射線治療を受けた場合は、5万円が支払われます。

先進医療を受けた場合も、自己負担と同額を保障しますし、通算2000万円まで保障されます。先進医療一時金も支払われ、1回につき5万円が1年に5回まで支払われます。

形成治療給付金として、所定の手術を受けたときは、1回につき10万円が無制限に出ます。これは、この保険の特徴です。つまり、乳房切除や顔面の皮膚移植などの手術を受けた場合に、10万円が支給されます。女性にとっては気になるところではないでしょうか。
手術も約1000種類の手術を保障し、入院なしの放射線治療も保障範囲です。
保険料の支払いのベースは、定額で、一定の年齢ごとに保険料が上がっていきます。また60歳から保険料を半額にするコース、60歳までで保険料の支払いを終了するコースもあります。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの保険見直し本舗はこちらから最寄りの店舗を探せます↓


保険見直し本舗

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ