その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

女性のための入院保険 フェミニーヌを調べました。

生存給付金について

この保険は、入院の有無、回数に関係なく、3年ごとに15万円生存給付金として受け取ることができます。合計で、15年間で、75万円受け取ることができる設計になっています。つまりは、掛け捨てではないということです。自分で貯金ができない方はこれが向いているかもしれません。

入院給付金について

入院給付金の支払われる範囲が広いことも特徴です。

入院は、女性特有の疾病、膀胱炎など女性に多い病気、乳がん、胃がんなどすべてのがん、妊娠出産関係のすべての入院を日額15000円で保障しています。保障金額も多いですね。但し、正常分娩は除きます。上記以外の入院は、日額10000円です。通算1000日までの保障です。日帰り入院も保障の対象です。

手術見舞金について

病気やケガによる手術を受けた場合は手術給付金で保障されますが、、万が一対象外であった場合も、病気やケガで一日以上の入院を伴う健康保険対象の手術を受けた場合は、手術見舞金として5万円を受け取ることができます。この点は、他社との差別化のポイントです。

死亡保障について

不慮の事故の場合は、1000万円、病気の場合は500万円、死亡給付金が支給されます。

保険料払込免除について

所定の高度障害状態になった場合は、高度障害保険金が支給され、入院・手術保障については、保険料払込免除になります。
先進医療の特約もあり、最大1000万円まで保障されます。
保険料の支払いは月払いのみクレジットカードでの支払いも可能です。

この保険のデメリット

さて、大変保障が充実されているこの保険ですが、デメリットもあります。保険期間が15年しかないこと。それ以降は、病気になっていた場合は通常の医療保険には入りにくくなりますね。老後が心配ですね。

それから、当然ながら3年ごとに15万円給付される分、保険料は多少高めになっています。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの保険見直し本舗はこちらから最寄りの店舗を探せます↓


保険見直し本舗

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ