その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

いきいき応援(全労済)を調べました。

「いきいき応援」とは

全労済から発売されている引き受け基準緩和型の医療共済が「いきいき応援」です。引き受け基準緩和型というのは、健康状態に不安がある方が通常の医療保険・医療共済などに加入できない方を対象にしたものです。ですから、健康の方ですと検討する必要はありません。共済の期間は5年間で、最高で満80歳になるまで継続することができます。

保障の内容

保障の内容は入院を日額タイプで保障します。その他に死亡保障と手術の保障がありますが、かなり割高な保険料となっています。解約返戻金についてもそれほど、期待できるものではありません。終身タイプのものを探しているのであればアフラックの引き受け基準緩和型医療保険「もっとやさしいEVER」、オリックス生命の引き受け基準緩和型「CUREサポート」を検討するとよいでしょう。

入院保障について言えば「いきいき応援」をはじめとする共済系の医療保障は5日以上の入院から保障されるものが多く、日帰り入院から保障されるものが多い保険会社の商品に比べて医療に関しては見劣りすることが多いのは事実です。

「いきいき応援」、「もっとやさしいEVER」、「CUREサポート」の比較

前述したとおり「いきいき応援」の共済の期間は5年間で最長80歳までしか更新できません、アフラックの「もっとやさしいEVER」やオリックス生命の「CUREサポート」の保険期間は一生涯の終身です。

これらは定期と終身の違いがありますが、どれほど保険料が異なるのか具体的なプランを出して、掛け金を比較してみましょう。

「いきいき応援」を50歳男性が入院日額5000円、死亡共済金100万円のプランで加入したとしましょう。その時の月々の掛け金は7,500円です。

アフラックの「もっとやさしいEVER」の50歳男性、入院日額5000円コースのスタンダードプランに終身死亡保障100万円をつけた場合、その保険料は7,559円となりそれほど大差はありません。また、オリックス生命の「CUREサポート」で50歳男性、入院日額5000円死亡保障100万円の場合ですと、8,281円です。

「もっとやさしいEVER」、「CUREサポート」のほうが「いきいき応援」よりも医療保障の内容は手厚いです。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ