その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

一時払介護共済(JA共済)を調べました。

一時払介護共済(JA共済)とは

一時払介護共済は、JA共済で取扱っている介護共済の一時払型です。一時払とは加入時に掛け金をすべて払ってしまうことを言います。JA共済の一時払介護共済は、要介護2、3、4、5の状態になった場合に介護一時金の給付を受けることができます。

保障の期間は一生涯にわたる終身保障です。所定の要件を満たした場合は、一時払で払い込んだ掛け金よりも大きな金額の共済金を受け取ることができます。

50歳男性の場合、介護共済金500万円で加入すると掛け金は、3,189,560円です。同じく50歳女性、介護共済金500万円の場合は、その時の掛け金は3,353,835円となります。これは、女性のほうが平均寿命が高く、介護リスクが高いため、女性のほうが、掛け金は高くなります。ですが、掛け金に対しての共済金の戻り率は男性で約157%、女性で約149%となります。年齢により戻り率は異なりますが、それでもかなり高い戻り率です。

また、介護共済金を受け取ることなく死亡した場合でも、一時払で払い込んだ掛け金と同額の共済金を受け取ることができます。ですから、所定の要件を満たすことが無くても、損をしてしまう内容ではありません。

一時払いで何百万と払い込める層は限られてきますが、退職金などまとまったお金が入ってきた場合に、お金の使い道の一つとなります。

 

年金の特約を付ける場合

また、この介護共済金は一時金として給付されますが、「共済金年金支払特約」をつけると年金形式で受け取ることができます。加入できる年齢は40歳から75歳となっています。

介護共済金の使い道

この介護共済金の使い道は様々で、住宅のリフォームや公的介護保険では賄いきれない介護費用の補填、老人ホームへ入居するための準備金の一部など、いろいろな形で活用されています。自分の介護について、あまり考えたくない内容ですが、加速する少子高齢化にともない死亡・医療に続き、自身が有意義な人生を送るためにも介護についての保障も考える必要があるでしょう。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ