その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

予定利率変動型年金共済 ライフロード(JA共済)を調べました。

「ライフロード」とは

JA共済が取り扱う「ライフロード」は積立感覚で老後の資金をつくる共済です。月払い年払いの他に加入時に掛け金をすべて払い込んでしまう一時払いの選択もできます。

月払いや年払いに比べて、一時払い扱いのほうが運用効率は上がります。

さて、この「ライフロード」ですが共済金の受け取り方法が「定期年金タイプ」と「保証期間付の終身年金タイプ」から選択できます。

「ライフロード」の特徴

さて、この「ライフロード」は予定利率変動型の共済なので加入した時点で、正確な受け取り金額はわかりません。その時代の経済状況に大きく左右されます。契約当初5年間は予定利率が固定され、6年目以降は1年ごとに予定利率を見直していきます。予定利率が最低保証予定利率を上回る水準が非常に低い場合は、最低保証年金額が増額されない場合もありますが、減額されることはありません。また、一度増額された年金額はその後の予定利率がさがっても、減らないので安全性の高いリスクの低い年金商品です。

こうした運用系の保険や共済は数多くありますが、各社の運用実績を見ながら検討していく必要があります。

「定期年金タイプ」を選択した場合

定期年金タイプ」を選択した場合は、一定期間年金を受け取ることができるものですが、年金の給付を受ける前に死亡した場合は、共済積立金に相当する額か、すでに払い込んだ掛け金のどちらか大きいほうの金額を死亡給付金として受け取ることができます。また、年金受け取り開始日以降に死亡した場合は、共済積立金からすでに受け取った共済金を差し引いた金額が死亡給付金として受け取れます。

「保証期間付の終身年金タイプ」を選択した場合

保証期間付の終身年金タイプ」を選択した場合は、年金受け取り開始日から死亡するまで年金を受け取ることができます。年金受け取り前に死亡した場合は「定期年金タイプ」と同様に共済積立金に相当する額か、すでに払い込んだ掛け金のどちらか大きいほうの金額が死亡給付金として支払われます。また、年金受け取り開始日以降に死亡した場合、保証期間内であれば、その期間は遺族に年金の給付が行われます。保証期間後に死亡した場合は、死亡給付金などの支払いはありません。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ