その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

積立型終身共済(JA共済)を調べました。

積立型終身共済(JA共済)とは

JA共済から発売されている終身死亡保険です。80歳までの死亡共済金を抑えることで、健康上の理由で保険に入れなかった人でも加入することができる死亡保険です。早期に病気死亡でなくなった場合は、給付される共済金は掛け金よりも少なくなります。

この点は健康上の理由で他の商品に加入できなかった方でも加入できるので、仕方がないことなのですが、健康上に全く問題がなく単純に死亡した時のためにだけに終身死亡保険を探しているのであれば、東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」といったような低解約返戻金型終身保険を検討された方が、掛け金は割安になります。

表向きは終身死亡保険ですが、大半の方は資産運用といった形で加入されます。

早期に解約をしてしまうと元本割れを起こします。どちらかというと資金に余裕がある方が加入するものです。銀行に預けておくよりは、確実に増えるでしょう。

JAとは農業協同組合です。組合員の方は農業関係者です。やはり、農家の方はJA職員の方と密接な関わりがあるため、「積立終身共済」はJA関係者に勧められて加入することがほとんどでしょう。「積立終身共済」を検索されるという方のほとんどは、勧められたけど本当にいいものなのかな?と疑問に思われている方ではないでしょうか。

共済以外の資産運用について

正直にいうと、これよりも利回りの良いものは世の中にたくさんあります。ただ、ともなうリスクがまちまちです。資産運用を真剣にお考えであるならば、共済以外にも視野を広げ検討していく必要があります。

共済販売員によって、スキルレベルの違いはありますが、すべての人がお金についての知識があるわけではありません。また、他の共済や資産運用の知識が豊富であるとは限りません。簡単にいうとJA共済のものしか知識がないという人も少なからずいるという事です。組合のお付き合いもありますが、やはり信用できるお金の専門家を見つけるという事も自分の資産を残す上で重要なことです。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ