その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

ねんきん共済(全労済)を調べました。

「ねんきん共済」とは

「ねんきん共済」は全労済から発売されている共済ですが、期間が決まっている確定年金プランと一生涯受け取れる終身年金プランがあります。

確定年金プランについて

確定年金の場合は、5年10年15年から選択できます。受け取りの期間中に死亡しても、確定された年数は遺族年金として残された家族が受け取ることができます。退職後から公的年金の受給までつなぎ資金としても有効です。

終身年金プランについて

終身プランの場合は、最長15年の保証期間がついており一生涯にわたって年金が受けとれますので、公的な年金だけでは不安の方にはおすすめなプランです。

またこの保証期間中に、亡くなった場合でも保証期間の残りは遺族年金として残された家族が受け取ることができます。ただ、終身タイプを選択した場合は払い込んだ掛け金に比べて、保証期間分をもらったとしても、受け取った共済金が少ない場合があります。

例えば、40歳女性が終身プランで年金額を24万円に設定して加入したとしましょう。

月々の掛け金は23,580円にも上り、60歳までに合計で5,659,200円となります。これはすごい金額です。さて、実際に年金を受け取るとなると15年は保証されているので、15年分360万円は確実に戻ってきます。15年とはすなわち75歳時点のことです。この時点では大幅に赤字です。では、80歳ではどうでしょうか。80歳の時点でやっと480万円です。84歳の時点でやっとトントンになるくらいでしょうか。

長生きすればするほど、得なのですがこればかりは有期タイプがいいのか終身タイプがいいのか、判断はなかなかむずかしいところです。

生命保険料控除について

公的な年金制度に様々な不安がありますので、個人年金系の商品に関心がある方が最近では増えてきています。いろいろなパターンの商品があり、損害保険会社の年金とうたっている商品は単なる年金払いの積立傷害保険だったりする場合があります。この場合は、生命保険料控除の対象にはなりません。この「ねんきん共済」は生命保険会社から発売されている個人年金保険と同様に、生命保険料控除を受けることができます。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ