その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

生命共済こども型(都道府県民共済)を調べました。

生命共済こども型(都道府県民共済)とは

生命共済こども型は、全国共済から出ている子供に特化した保障内容の共済です。子供に関するリスクと言えば、やはりケガや病気で入院してしまった場合の治療費が一番に挙げられると思います。

「生命共済こども型」の保障内容

この「生命共済こども型」は、入院・通院・手術・死亡・第三者への賠償・扶養者の死亡といった内容で構成されています。なお、入院保障は病気入院・ケガの入院に対応できますが、通院に関してはケガのみとなっています。月々1,000円からといったお手頃な値段で加入できます。

子供向け保険の必要保障額について

ここで、子供向け保険の必要保障額について考えていきましょう。

お子様が入院した場合、どうなりますか?住んでいる場所によって、条件はことなりますが、お子様が医療機関にかかった医療費がかからない自治体があります。または、年齢によって入院したときのみ助成がある自治体もあります。

助成がある自治体にお住まいの方は、それほど多くの入院や通院といった保障は必要ないかもしれません。

次に心配となることは、第三者への賠償です。元気なお子様であればあるほど、心配になってくる問題です。ひと昔は「子供のやったこと」で済んだことも、最近では訴訟問題に発展することも多くあります。特に心配なのは、自転車での事故です。お子様自身のケガも心配ですが、相手にケガを負わせてしまう場合もあります。そうした場合は治療費のお支払が必要になってきますので、賠償の補償があると安心です。ただ、こちらの場合別途でご家族が自動車保険や火災保険などで「個人賠償責任保険特約」を付帯している場合は、重複する内容となりますので、お子様の為だけに賠償系の保険に入る必要はありません。

この共済には扶養者の死亡によって共済金の支払を受けることができますが、金額はそれほど大きくありませんので、扶養者死亡のリスクを心配されている方は、扶養者自身の死亡保険に入られることが一番であると思います。

この共済が必要であるかどうかは、ご自身の住んでいる自治体の制度、または家族で加入している保険の内容を考慮した上で判断するとよいでしょう。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ