その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

ずっとあい終身生命(コープ共済)を調べました。

「ずっとあい終身生命」とは

「ずっとあい終身生命」は、コープ共済から発売されている終身タイプの死亡保障です。同じコープ共済から発売されている終身医療保障の「ずっとあい終身医療」には、首をかしげることが多かったものの、こちらの「ずっとあい終身生命」はかなり納得する内容となっています。

この「ずっとあい終身生命」は、「ずっとあい終身医療」と異なり解約返戻金の設定があります。ただし、払い込んだ共済金以上の金額は戻ってこないので、資産を増やしたいといったニーズには応えることができません。ただ、長期間払い込むことによって、払い込んでいる期間の死亡保障を確保できる上に、いざ解約した場合でもそれなりにまとまった金額の解約返戻金を受け取ることができるので、流動性に優れた商品であるでしょう。

「ずっとあい終身生命」とアフラックの「終身死亡保険」との比較

シンプルな死亡保障ですが、他の死亡保険などと比較しても特に割高と感じる掛け金ではありません。たとえば、40歳男性が終身払いで500万円コースに加入した場合、月々の掛け金は9,750円となります。

アフラックの「終身死亡保険」と比較してみても、アフラックの場合40歳男性が終身払いで500万円に加入した時、月々の保険料は10,070円となり、支払う掛け金ではコープ共済に軍配があがります。ただ保険会社の商品だと最近では、終身死亡保険の場合、保険料の安い、低解約返戻金型(一定期間解約保険金が抑制されるタイプ)が良く売れているので、そちらと比較すると迷ってしまう場合もありますが、死亡保障を探しているのならば、十分に検討材料になる保険と言えるでしょう。

死亡保障について

死亡保障の考え方としては、小さな子供がいる世帯で大黒柱の方の死亡保障を考える場合は家族の将来を考えた場合、数千万円の死亡保障が必要だと考えられていますが、それ以外に死亡保障を考えた場合、それほど死亡保障の金額を考える必要はありません。

お葬式代程度は残してあげたいと考えるならば200万円~300万円で十分です。ですから、この商品のような終身タイプで最低限のものを確保しておき、必要な時期に一時的に定期保険で補償を上乗せしていくと良いでしょう。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ