その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

これからだを調べました。

「これからだ」とは

アメリカンホーム保険会社から発売されている「これからだ」は、保険期間が10年間の傷害保険です。傷害保険とは、ケガをしたときの為の保険であり、特約がない限り原則的に病気の場合は補償の対象となりません。

ですから、「これからだ」はケガの場合のみ(不慮の事故)に補償されます。男性ですと満50才から満75才の方が、女性ですと満50才から満77才の方が加入できます。医療保険と異なり、告知書の記入の必要がなく、どなたでも気軽に加入することができます。

若い方に比べて、年齢の高い方はケガの治療も長引くことも多いうえ、ふとしたきっかけで大怪我をされる確率が高くなります。

通常の医療保険でも、病気でなくともケガの補償をされるものがほとんどですが、ケガの補償が薄いなと思われる方は、「これからだ」をはじめとする傷害保険を検討されることをお勧めします。

ちょっとした火傷や、捻挫などでも保険の支払い対象となりますので、お世話になる機会がとても多い保険です。

「これからだ」の補償内容

補償はケガの原因となる事故の日から365日以内の保険金額を上限に治療実費が補償され、入院、通院は関係なく支払の対象となります。ここで補償される治療実費とは、公的医療制度を利用した上での、自己負担分を指します。

また、30日以上ケガによる入院した場合、一時金が5万円支払われます。さらに、60日以上入院した場合は追加で、5万円の一時金が支払われます。

葬祭費用保険金の特約について

この他に「お葬式の費用」にと、葬祭費用保険金の特約があります。

加入する年齢層にとって確かに「お葬式」というキーワードは敏感になられる方も多いかと思います。この葬祭費用保険金は、ご自分の葬儀のたしになればとお考えの方にはピッタリの特約です。この保険は傷害保険ですが、この特約は病気による死亡でも保険金が給付されます。ただし、保険開始からの年月によって病気による死亡と不慮の事故(いわゆるケガ)による死亡の給付金額は異なります。

ただし、保険開始後5年目からは死亡の理由はなんであっても、保険金額の100%が受け取れます。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ