その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

タフケガの保険を調べました。

あいおいニッセイ同和損害保険から発売されている傷害保険です。医療保険ではありませんので、病気による入院・通院には使用することができません。また、保険料控除の対象にもならないので注意しましょう。医療保険に加入している場合、ケガによる入院や手術も保障されていることが一般的なので、傷害保険の加入の必要性をあまり感じられることがないかもしれません。

こんな方におすすめです。

よくケガをする活発なお子様をお持ちのご家庭はもちろんですが、最近、自転車通勤をされる方が増えています。自転車もいわゆるママチャリではなく、スピードが出るタイプなど様々のものが出ています。それに伴い、自転車による事故も増えています。自分がケガをするだけでなく、相手にケガをさせてしまったり、最悪の場合は死亡させてしまったりするケースもあります。

個人賠償責任補償について

ここでそのリスクをカバーすることができるのが、この傷害保険に付帯することができる「個人賠償責任補償」という特約です。こちらの特約を付帯していれば、相手にケガを追わせてしまった場合にこの特約により相手への治療費を賄うことができます。主契約の入院、通院の保障でご自身のケガについてカバーできるのですが、この「個人賠償責任補償」というのは、とても便利な特約で被保険者のみならず家族全員が対象となります。簡単に補償内容を説明すると、日常生活の中で他人に対してケガをさせたり物を壊してしまったりして法律上の損害賠償義務を負ってしまった時に、その損害賠償費用を支払うものです。

漫画でよくある光景ですが、お子様が野球をやっていて裏のお宅の窓ガラスを割ってしまうシーンがあります。この場合でも「個人賠償責任補償」を付帯していれば、窓ガラス代を弁償することができるのです。ただ、「個人賠償責補償」は自動車保険、火災保険にも付帯できるので、重複して加入していないか確認しましょう。

また、損害賠償をする場合、弁償するものに※減価償却をかけられる場合があり、もめることがあります。万が一、事故が発生してこの特約を使用する際には一度保険会社にどの程度まで保険で対応できるのか相談することが大切です。

※減価償却とは?
使用や時間の経過とともに、価値が低下していくことです。例えば、300万円の新車を購入して、10年経過した場合その車に300万円の価値はありませんよね?


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ