その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

三大疾病保障プランを調べました。

アフラックの三大疾病保障プランは、終身死亡保険三大疾病についての保障がついた保険です。三大疾病とは「がん(悪性新生物)」「急性心筋梗塞」「脳卒中」です。この三大疾病が日本人の死亡原因の約4割を占めるそうです。

保障内容

さて、どのような保障をしてくれるのでしょうか?保障内容は、万一亡くなった場合、もしくは三大疾病で所定の要件をみたすと一時金が支払われるものです。

ちなみにこの【三大疾病保障プラン】ですが、一時金の支払いが1回限りです。

終身保険なのですが、ガンと診断されて一時金の給付を受けた場合、重複して一時金が支払われませんので、そこで保険は終了してしまい死亡保険金を受け取る権利がなくなってしまいます。

支払い要件

【三大疾病保障プラン】という名前ながら、ガン以外の支払い要件がまたちょっと渋めです。一時金の支払い要件を見てみると

  • がん・・・被保険者が「がん(悪性新生物)」による三大疾病保険金の保障の開始以後に、初めて「がん(悪性新生物)」と診断確定されたとき
  • 急性心筋梗塞・・・被保険者が保障の開始以後に「急性心筋梗塞」を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと、医師によって診断されたとき
  • 脳卒中・・・被保険者が保障の開始以後に「脳卒中」を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと、医師によって診断されたとき

と、ガン以外支払いの認定まで日数の要するものとなっており、果たしてこれは【三大疾病保障プラン】といっていいものなのかどうなのか、少々疑問が残ります。
また保険料が掛け捨てではなく、それなりに貯まっていくものなのですが、この死亡保険のつもりで入ったのに、【三大疾病保障プラン】と名ばかりで三大疾病で支払いを受けると死亡保障が無くなるというなんとも本末転倒な保険であると言えるでしょう。また、逆に三大疾病で手厚い保障を受けたいならば、そちらに注力した医療保険がたくさんあるはずです。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの保険見直し本舗はこちらから最寄りの店舗を探せます↓


保険見直し本舗

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ