その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

5年ごと利差配当付終身保険を調べました。

5年ごと利差配当付終身保険は、東京海上日動あんしん生命の終身保険です。

「5年ごと利差配当付終身保険」と「長割り終身」の比較

東京海上日動あんしん生命の終身保険といえば低解約返戻金型の【長割り終身】が有名ですが、こちらの【5年ごと利差配当付終身保険】は低解約型ではないものです。両方とも5年ごと利差配当もありますし、保険料払込期間終了後は解約返戻金を元に年金払いに移行できたりと、保障内容はほぼ同じと言っていいでしょう。しかし、保険料や【長割り終身】の低解約期間後の解約返戻金の返戻率を比べてみても、長割り終身の方に軍配が上がります。早期の解約時の解約返戻金が【長割り終身】の方が低くなりますので、そういった点では【5年ごと利差配当付終身保険】の方がメリットがあるかと思いますが、早期に解約することを前提に保険に加入することは非常にナンセンスであると思います。そもそも、そこまで早期であると【5年ごと利差配当付終身保険】の払込保険料の100%は戻ってこないでしょう。

東京海上日動あんしん生命のHP上でのQ&A

また、実際の東京海上日動あんしん生命のHPですら、

Q、長割り終身と5年ごと利差配当付終身保険の違いは?

A、長割り終身は、低解約返戻金期間(ご契約日から保険料払込期間が満了する日の24時まで)の解約返戻金は、当社「5年ごと利差配当付終身保険」の解約返戻金の70%になっていますので、その分保険料が割安です。(既払込保険料に対して70%の解約返戻金があるということではありません。)

長割り終身の低解約返戻金期間満了後の解約返戻金は、「5年ごと利差配当付終身保険」と同額になります。したがって、ご契約を解約されない場合はもちろん、ご契約を低解約返戻金期間満了まで継続した後で解約される場合でも、保険料が割安な分、「5年ごと利差配当付終身保険」よりも有利になります。

と記載があるとおり、この【5年ごと利差配当付終身保険】のメリットが何一つ書かれていません。【長割り終身】にも加入できる条件でありながら、この保険を熱心に勧められた場合、なぜこの保険でなくてはならないのかとしっかりと把握した方がよいでしょう。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ