その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

長割り終身を調べました。

長割り終身は、低解約返戻金型終身保険

東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」は、低解約返戻金型の終身死亡保険です。

低解約返戻金型とは、解約返戻金が抑制される期間を設けることによって、通常の終身保険にくらべて割安な保険料を実現した保険商品です。満期後は抑制されていた解約返戻金が元に戻り、通常は払い込んだ保険料を上回る金額になります。

低解約返戻金型終身保険といえば、この「長割り終身」が圧倒的に有名ですが、同様の設計の商品が各社から発売されていますので、複数の会社で比較することも大切です(当サイトで紹介している低解約返戻金型終身保険一覧)。

「長割り終身」の本来の目的は終身死亡保障ですが、低解約期間を終えるとドーーンと増える解約返戻金が売りでもあり、貯蓄目的で加入される人も多い商品です。学資保険の代わりにどうですか?と勧められることも多いかと思います。

(参考:学資保険vs低解約返戻金型終身保険vs○○○○

5年ごとにもらえる利差配当

「長割り終身」には、5年ごとの利差配当があります。

利差配当とは、保険会社の運用収益が見込みよりも上回った場合に、その余剰金を契約者に分配することです。

まったく余剰金が出なかった場合は配当は0円になりますが、ものすごく運用実績がよかった場合はそれなりの配当がもらえることになります。

「長割り終身」の配当金は5年ごとに積み立てられていきますが、この配当の積立金に関してはいつでも自由に引き出せます

もちろん利差配当は、その時その時の運用実績次第であるため、契約した段階でいくらの配当があるかは神のみぞしるところです。過剰な期待は禁物です。

貯蓄目的なら返戻率の高い低解約返戻金型定期保険を

最初から貯蓄目的であるならば、返戻率の高い低解約返戻金型定期保険をおすすめします。終身保険ではなく、保障期間の定まった定期保険です。

東京海上日動あんしん生命には、「長割り定期」という低解約返戻金型定期保険があります。「長割り終身」の影に隠れてしまっていますが。

残念ながら、早期に払い込みを終える短期払いの取り扱いは終了していますが、貯蓄目的で「長割り終身」を勧められた方は、一度「長割り定期」の設計書も合わせて作成してもらうと良いでしょう。

また、短期払いの扱いがある低解約返戻金型定期保険はアクサ生命に【FairWind】という商品があります。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ