その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

終身保険 一生のお守りを調べました。

NKSJひまわり生命の【一生のお守り】は、解約返戻金が通常の終身保険に比べて抑制された期間があり、その分保険料が割安である低解約返戻金型終身保険です。掛け捨てではなく、貯蓄性があるところも注目されています。低解約返戻金型の終身保険は様々な会社から発売されており、今人気のある保険です。各社、様々な特長をつけて、同じタイプの保険であっても他社との差別化を図ろうと必死になっています。

解約返戻金が急激に増える三大疾病保険料免除特約

【一生のお守り】の売りはなんといっても、三大疾病保険料免除特約でしょう。万一、免除特約に該当した場合、以降の保険料の払い込みは不要になります。まぁ、ここまではごく普通で、わりとどの保険会社にも用意されている特約です。さて、すごい話はここからです。払い込み免除になった後はなんと、それ以降の保険料が一時に払い込まれたことになり、解約返戻金が急激に増えるのです。

保険料払込免除特約は珍しいものではありませんが、この特長をパンフレットで堂々と宣伝しているのは、NKSJひまわり生命の【一生のお守り】くらいではないでしょうか?

というわけで、保険料払込免除特約の要件に当てはまった場合は、保険料の払込がなくなった上に、まとまったお金が用意できるということになります。

そのまま、死亡保障に備えてもいいですし、解約をしてまとまったお金で保険料払い込み免除になった疾病の治療費に当てることもできます。

この三大疾病保険料免除特約の判定の基準のうち、ガンの場合は、悪性新生物と診断確定された時点になります。ということで、この解約返戻金で手厚いガン治療を受けることも可能です。死亡したばかりではなく、生きている間にも活用できる可能性を秘めた商品であるといえるでしょう。

低解約期間中の解約はかなりの大損

【一生のお守り】の場合、低解約期間に解約すると通常の終身保険に比べて解約返戻金が3割程度です。他社の低解約の商品に比べても低めであると言えます。ですから、低解約期間中の解約はかなりの大損となります。契約時には無理なく払っていける保険料の設定が大前提となります。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ