その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

非更新型定期保険を調べました。

アクサ生命から発売されている定期死亡保険です。

解約する時期によっては解約返戻金が発生するタイプの保険です。

ですが、解約返戻金が払込保険料を超えることがないので、貯蓄性は期待できません。貯蓄するならば同社の【フェアウィンド】が良いでしょう。

原則、掛け捨ての保険ですので、満期保険金はありません。

似たタイプとして、別項目で解説している東京海上日動あんしん生命の【定期保険[非配当]】があげられます。

あんしん生命の【定期保険[非配当]】と比較して短所としては、保険料の払い込みが困難になった時にその時点での解約返戻金を一時払い保険料として扱い、最初の契約の定めた死亡保障額より減額されますが、以降の保険料の払込が不要になる定期保険に変更できる払済保険の取り扱いがありません。

では、アクサ生命の【非更新型定期保険】に加入している間に、保険料の払い込みが滞ってしまった場合はどうなるのでしょうか?

解約返戻金のない無配当型ではないので、即失効ということはありません。

その時の解約返戻金の中から、保険料に充当されていきます。

ただ、これは貸付という扱いですので利息が発生することも知っておきましょう。

保険料に充当できる分だけの解約返戻金がない場合は、もちろん失効してしまいます。

死亡保障だけを比較すると、解約返戻金のない無解約型の定期保険に比べるとどうしても保険料は高くなります。

若い年齢の方が保険料の安さを重視している方はこの保険を検討するのは、やめたほうがいいでしょう。

オリックス生命のファイン・セーブといった無解約型には保険料では太刀打ちできません。

このタイプの保険はライフコンサルタントと相談しながら、あれこれ特約をつけて保障を充実していくタイプの保険です。

そういった観点から、無解約型とは大きく異なる性質を持っています。この保険が自分にあっているかどうかを確認するには、無解約定期保険ではない定期保険で各社設計書をたたいてもらいことが最良の手段です。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ