その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

家計保障定期保険を調べました。

東京海上日動あんしん生命から発売されている収入保障と所得補償を合わせて性質をもつ保険です。

収入保障とは主に保険の対象となる人が死亡した際に、残された家族に毎月一定の額を支払うもので、所得補償の保険の対象となる方が病気やケガで就業不能に陥った際に一定額の給付を行い生活の補てんをするというものとは全く異なった性質のものです。

サラリーマンが長期に渡って就業不能に陥った際は、休業4日目から一定の期間傷病手当金が支給される場合がありますが、個人事業主の方など国民健康保険に加入されている方はその手当金がない場合があり、個人事業主の所得補償が注目されています。

長期にわたる所得補償といえばライフネット生命の就業不能保険【働く人への保険】が代表的ですが、こちらは支払要件に「少なくとも6ヶ月以上、いかなる職業においても全く就業ができない」とありますので、6ヶ月間は確実に無収入になってしまいます。

東京海上日動あんしん生命【家計保障定期保険】の場合、5疾病(5疾病とは、悪性新生物(がん)、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全)で就業不能状態が60日以上で給付されますので、こちらの方が実用的な保険であるといえるでしょう。

5疾病以外の給付条件は東京海上日動あんしん生命の定める要介護状態が180日以上続いた場合になります。

また【働く人への保険】が死亡した場合に一切保障が無くなってしまうのに比べ、【家計保障定期保険】死亡した後も遺族に対して、毎月一定額の給付を行う収入保障の性質もありますので、まさに名の通り保険の対象者が生きていても無くなっても、家計を保障してくれる保険です。

この保険はサラリーマンに比べ収入に安定性のない個人事業主の方に強くお勧めしたい保険です。とても安心できる保険ですが、その分保険料は高くなります。

解約返戻金もそれほど期待できませんし、満期返戻金もありません。

基本は掛け捨ての保険であると認識しておきましょう。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの保険見直し本舗はこちらから最寄りの店舗を探せます↓


保険見直し本舗

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ