その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

定期保険Bridge(ブリッジ)を調べました。

オリックス生命より発売されている定期死亡保険です。

満期返戻金のない定期保険で解約返戻金もないものは、同じオリックス生命からファインセーブがでていますが、この2つを比較してみるとネットだけに加入口を限定しているので、【Bridge(ブリッジ)】の方が保険料はさらに割安になっています。

対抗するものとしてライフネット生命の定期死亡保険【かぞくへの保険】やネクスティア生命の【カチっと定期】があげられます。

詳細部分は異なる部分はありますが、保険料を比べた場合【Bridge(ブリッジ)】の保険料が一番安くなる場合がほとんどです。

【Bridge(ブリッジ)】は死亡保障や高度障害にだけ注力したものです。

医療特約をはじめとする特約の付けはずしが一切できません。

勝手が利かない保険と言われれでば、まさにそのとおりです。

複雑な特約がなく保障が非常にシンプルであり、HP上でもわかりやすく説明されているので、割安の保険料で死亡保障だけが欲しい!と割り切っているのであれば、まったく問題ない保険であると思います。

ただ、純粋に死亡保障だけですので医療保障などについては別途加入することが必要になってきます。

なお前述しているとおり、解約返戻金がまったくない保険ですので、保険料の支払いが滞った場合支払いの猶予期間が過ぎてしまいますと失効してしまい、保険として機能しなくなってしまいます。

その点も気をつけなくてはいけません。

この保険は手ごろな保険料で大きな保障を得たいという働き盛りの若い世帯に向いている保険です。

無解約型の定期死亡保険は若い年齢で加入すると割安感をとても感じますが、高齢になるほど感じられなくなります。

実際に高齢になるほど大きな保障額が不必要になる方がほとんどですので、加入の際は本当にその保障額が本当に必要であるのか一度考えてみる必要があります。

あわせて確実に手元にお金を残せる終身保険も視野に入れて死亡保険も検討してみるとよいでしょう。


加入したい保険が決まったら、保険ショップの利用も検討してみてください。こちらの記事で保険ショップを使うメリットを解説しています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ