その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

7大生活習慣病ってなに?

7大生活習慣病

7大生活習慣病は、がん(悪性新生物、上皮内新生物)、糖尿病、心疾患、高血圧性疾患、脳血管疾患、肝硬変、慢性腎不全です。

悪性新生物は上皮の下にある基底膜に達しているがんで、上皮内新生物はそうではないがんです。

上皮内新生物がよく見られるのは子宮頸部です。

心疾患の例は狭心症や心筋梗塞で、脳血管疾患の例は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作などです。

糖尿病は血糖値が高いことで、1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子異常や他の病気が原因のもの、妊娠糖尿病などいくつか種類があります。

肝硬変は慢性肝炎が続いたために肝機能に障害がある状態のことです。

患者数は?

厚生労働省の平成23年患者調査によると、総患者数は次のとおりです。

生活習慣病の種類と総患者数(平成23年10月)    単位:千人

悪性新生物 糖尿病 心疾患 高血圧性疾患 脳血管疾患
総数 1526 2700 1612 9067 1235
830 1487 882 3822 616
695 1215 734 5258 620

上記悪性新生物の患者数          単位:千人

結腸、直腸 肝、肝内胆管 気管、気管支、肺
総数 186 233 52 138 194
123 132 36 88 2
63 101 17 50 192

※総患者数とは、継続的に医療を受けている者を一定の算式により推計したものです。

受療率は?

厚生労働省の平成23年患者調査によると、全国の入院受領率(人口10万対)は男1005、女1129で、外来受療率は男5014、女6514です。

病気ごとの受療率は次のとおりです。

入院受療率(人口10万人対) 平成23年10月

悪性新生物 糖尿病 心疾患 高血圧性疾患 脳血管疾患
入院 男 139 18 43 3 121
入院 女 102 20 50 8 152
外来 男 165 185 116 437 91
外来 女 185 148 98 615 87

悪性新生物の受療率(人口10万人対)  平成23年10月

結腸、直腸 肝、肝内胆管 気管、気管支、肺 乳房
入院 男 16 18 9 22 0
入院 女 8 13 4 9 8
外来 男 21 22 6 16 0
外来 女 10 16 3 9 37

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ