その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

何歳まで保険に加入できる?

高齢者でも加入できる保険が続々と発売されています。
しかし、保険商品である以上、保険会社に利益の出る設計になっていることがほとんどです。毎月数千円で病気になりやすい高齢者が十分な保障を得るのは難しいと言えます。

5080喜んで、のCMでおなじみのアメリカンホーム保険会社「これからだ」などは、傷害保険となっていて、病気の保障はありません。高齢でも這い荒れる保険については、FP(ファイナンシャルプランナー)の方などに詳しい説明を受けたほうがよいでしょう。

そもそも保険とは、万一のことがあった場合、自分の蓄えだけでは、残された家族が生活に困ってしまうことのないように、万一に時のために、備えておくのが趣旨ですから、高齢の方は、「万一のこと」がおきるのはしょうがない世代であるとすれば、子供は成人しているでしょうし、配偶者は年金をもらっていたりするでしょう。

自分の命と引き換えに生命保険からお金を得るのであれば、それ相応の保険料を以前から払い込んでいないと、保険会社が成り立ちません。ですので高齢者は、保険に加入するのは難しいのです。「万一のこと」が「万一でなくなってきている」世代だからです。医療保障に関しては、やはり、健康保険、蓄え、をまず考えましょう。

損益分岐点は45歳前後です。それ前に、終身型の医療保険、終身保険に加入しておくのが望ましく、でも終身型は、安くはないので、入らない人もかなりいます。にだ委になったころ、なって、保険に入っておいたらよかったと思ってしまうのです。そのころに入るには、月々の保険料が高額で、これなら、保険でなく貯蓄で何とかやっていくしかない・・・とあきらめてしまうのです。大きなけがや病気をして長く入院ということになってしまわないように気をつけるばかりです。医療保険は早めに終身型で加入しておくのかよいようです。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ