その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

MDRTってどんな資格?

金融に関する資格でMDRTというものがあり、ファイナンシャルプランナーのなかにはこれを取得している人もいます

MDRT日本会事務局のホームページからの転載です。https://www.mdrt.jp/index.php

MDRTとは

Million Dollar Round Table(MDRT)とは、世界79の国と地域、約37,700名(2012年8月現在)の会員を有する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織です。

世界中の生命保険・金融サービス専門職の毎年トップクラスのメンバーで構成され、そのメンバーは相互研鑽と社会貢献を活動の柱とし、ホール・パーソン(バランスのとれた人格を志向すること)を目指し、努力しています。

またMDRT会員は卓越した商品知識をもち、厳しい倫理基準を満たし、優れた顧客サービスを提供しています。

ビジネスと地域社会のリーダーとして、生命保険と金融サービスの専門家として世界中で認知されています

MDRTというのは、資格ではなく世界の保険営業マントップ5%に入る優秀人材であるという称号です。
それでは、なぜ欧米に比べて、保険の後進国である日本の保険関係者がそのたった5パーセントのうちの大半を占めているのでしょうか?

その理由の一つとして、日本の保険料が、欧米に比べて非常に高いということがあげられます。
保険契約の額を比べた場合、件数×契約額になりますので、もし2倍の保険料なら、欧米の保険関係者が2件契約して得る保険料を1件で得られることになり、3倍なら3件分の契約と同じだけの保険料を得ることができることになります。
どの様な状況で保険の契約をしたのか、顧客にどれだけの満足と安心を与えたかということまでは審査されないのです。

しかし、多くの日本の保険会社は、自社のイメージをあげる為にこの称号を利用しているようです。
もちろん、立派なアドバイザーも多くいますが、やみくもに肩書きを見て信用するのではなく、相手の本質を見て、信用出来るかどうか判断するべきではないでしょうか?

これは、MDRTに限らず、ファイナンシャル・プランナーにもいえることです。資格のない人間がファイナンシャル・プランニング技能士を名乗ることは、法律で禁じられていますが、ファイナン シャル・プランニング技能士の資格を持っていなくても、ファイナンシャル・プランナーという職種名で相談を受けても違法にはなりません。
多くの保険会社や保険代理店の中には、この名称についても販売促進のために活用しているところがあります。

補足です。
保険見直し相談を受けた結果の感想は、相談をした人の財政状況によって違うことがあるようです。
それはやはり、無料の限界というものではないでしょうか?
無料相談に警鐘を鳴らす保険の専門家もいます。
行政の消費者保護への極端な偏り、保険会社が保険商品のプランを無料で消費者に提供するということが普通の状態になっていること、保険の利用者が保険に関する相談は無料で当然だと考えていることによって、金融に対する知識が身につかず、トラブルにつながってしまうからです。

相談の結果を鵜呑みにして契約した結果、利用者にとって不利な結果になってしまったり、実際、入院、死亡などにより給付金を請求したところ、条件に合わないなどの理由で支払ってもらえない、または減額されてしまったりするなどのトラブルです。
保険会社の保険は、社会保険とは違い、利用者が判断して選ぶ保険ですので、そのようなトラブルがあったとしても、だれも無料では助けてはくれません。

また、予約をしたが、なかなか返答が来ないという事例もありました。
これは、ファイナンシャルプランナーが、無料相談なので、相手を選り好みすることがあるからのようです。
実際に学費と時間をかけてファイナンシャル技能士などの資格を取った人と、社内の研修でファイナンシャルプランナーという名称で営業している人の違いもあると思いますが、無料相談の上、たいした契約は望めないような利用客は、倦厭されることもあるようです。
ですが、だれでも実名をあかざす投稿できるようなサイトに書かれているクレームをもとにして記事にすることもためらわれましたので、この部分に関しては、記事中に書き入れませんでした。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ