その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

保険料の支払方法には何があるの?

保険料の支払方法は、いろいろあります。保険料をどう分割して払うか、その払い込み方法はどうするかです。保険料は一度に一括して払ったほうがお得であることに間違いありません。何かの満期金を当てたり、まとまったお金が手元にあって、使う予定がないのであれば一括払いに当てるのもひとつの方法です。

一括で払う方法として、一括払いと、前期全納があります。前期全納は、年払いですが、先に全部の年払い分を保険会社に預けてしまって、毎年ごとに振り替えてもらう趣旨のものです。保険料の年末調整の控除に毎年使うことができます。
一括払いは、一番保険料が安いです。しかし、保険料控除は一度振り込んだ年だけの保険料控除です。そして、保険期間中に死亡することがあったら、一括保険料は戻りませんが、前期全納ですと、保険会社で年払い保険料を預かっているだけなので、後の期間の保険料は戻ってきます。

ほかには、一年払い、半年払い、月払いなどがあります。年払いは月払いより3%以上お得です。家庭で月払いのつもりで別口座にためておくなどして、いっきに年払いで済ませば保険料は安くなる、銀行利息はたまるなど、メリットがあります。ですが、金額が大きいのでちゃんと年一度の保険料引き落とし日に口座に入金しておくようにしないといけません。

月払いは、年払いほど高額ではないので、引き落とし出来なかった!ということもあまりないでしょうから面倒ではありません。
払い込み方法ですが、銀行口座振替と、クレジット払いがあります。同じように口座から引き落とされるのですから、クレジットに抵抗がなければ、是非クレジット払いにするとよいと思います。金額が十万円単位なのですぐポイントがたまります。
それを金券に換えたり商品購入の割引に当てたりして、それを保険料の戻りとして考えれば、ある意味、保険料の節約ですね。請求が保険会社ではなくクレジット会社から来ます。明細を確認する手間があります。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ