その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

保険の見直し方法ってどんな手段がある?

保険会社の営業員

保険会社の営業員は、現在加入している保険の契約内容と手続きを詳しく知っています。

担当者が決まっていることが多いです。

相談する場所は、自宅でも他の場所でもよく、希望を聞いてもらえます。

たとえば、保険料の払い込みが厳しくなったときにどのような手段があるのかということを相談でできるとともに、払済保険や延長保険に変更するなど実際に手続きをすると契約内容がどう変わるのかを知ることができます。

加入している保険の見直すときも、新しい商品を検討するときも、設計書を作成してもらえます。

これにより実際の金額が分かり、商品を理解して比べるのに役立ちます。設計書は重要な点がまとめられ、表やグラフでわかりやすく表現されています。

来店型の保険ショップ

保険ショップでの相談はほとんどが無料です。予約して行くと待ち時間がありません。

入っている保険を見直したいときは、保険証券を持って行きます。

契約の引受けを決めるのは保険会社ですが、過去の経験を参考にアドバイスしてもらえます。

一社の保険を扱っているショップと複数社の保険を扱っているショップがあります。

加入したい商品が絞り込まれていないときでも、お店には資料がたくさんあります。

複数の会社の商品を扱っているショップでは、多くの商品から選ぶことができます。

複数の会社の商品を比較するときにも、相談にのってもらえます。

FPの訪問相談

FPは年金、保険、金融資産、不動産、相続・事業承継など、様々な資産設計を行っています。

保険だけではなく、ライフプラン、資産運用、家計の状況を含めて総合的な相談ができます。

たとえば、ライプランニング、積み立て、ローン返済のシミュレーションを作成してもらえたえり、他に気になることがある場合に同時に相談できます。

どの保険が向いているかということも、家族構成、資産、家計によって違ってきますが、色々な視点から保険を考えることができます。

また、訪問相談では落ち着いて話ができます。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ