その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

お葬式代の終身保険って必要?

地域差にもよりますが、一般的にお葬式代には200~300万円かかるといわれており、お葬式代として300万円程度の終身死亡保険への加入を勧められるケースがよくあります。

そこで、実際に死亡から保険請求、葬式代支払いの流れで、本当に葬式代として入金が間に合うのであろうかとお考えになる方もいらっしゃるかと思います。

まず、リビング・ニーズという特約をご存知でしょうか?

この特約は保険の対象者(以下、被保険者と書きます。)の余命が6か月以内と診断された場合に、死亡保険金の一部又は全部を生前給付金として支払うというものです。

被保険者本人が重篤な状態で意思表示ができない状態であっても、指定代理請求といってあらかじめ指定された人(配偶者または3親等以内の親族)が契約者に代わって請求できるので、生前に給付を受けることができます。

これにより、お葬式代のためのお金を直前に用意することが可能です。

ただリビング・ニーズの判断は余命宣告という非常にナイーブなものなので簡単に事が運ばない場合があります。

また余命宣告もない急死の場合などはやはり保険金を請求してから支払いを受けるまでに時間を要します。

ところで、本来お葬式費用は誰が支払うべきものなのでしょうか?

明確にされた法律は無いのですが、まずはお香典から、次に相続財産からそれでも足りない場合は、相続人が相続分に応じて支払うのが一般的なもののようです。

十分に預貯金が残せないと心配されている方は、残された方々のためにお葬式代程度用意できるような保険に入っておくと残された方々に大きな負担をかけず澄みますね。

親族同士争いの一番の種になるものはなんと言っても[相続]をはじめとする故人のお金関係の話です。

保険金の受取や相続に関しては、税金の扱いが複雑です。

お葬式費用・相続といったお金に関わる話は、あらかじめ元気なうちに税理士やFPといったお金の専門家を交えて相続人たちと決めておくと安心です。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ