その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

生命保険とはなにか

人には価値があります。もしその人が亡くなってしまったら、きっと周りの人は、悲しむでしょう。そしてその人が生きていたら稼いだであろうお金があります。もし家族の大黒柱であるお父さんがなくなったら・・・家族を養っていくお給料を稼いでいたのです。
もしなくなったら残された家族は困ってしまいます。子供の養育費、家族の生活費・・・

お葬式だってお金がかかります。
なくなってしまったら残された人が少しでも困らないように生きているときに死んだ後のことを考えて手を打っておく、それが生命保険の基本だと思います。

ですから生命保険をかける人によってなくなった場合いくら保険が下りるかという金額は、何人の人を養っているか、生活費の分、子供が小さければ大きくなるまでかかる年数の養育費を考えて、人それぞれ変わってきます。
あまり養わなくていい立場の人であれば、死後の自分のお葬式の分だけの保険金額でもいいのです。

もし貯金だけで自分の死後の分の生活費、など死んだ後の残された方の分の必要な金額の貯金があれば、何も生命保険に入る必要は本当はないのかもしれません。
でもたくさん稼ぐ人はその分日々の支出も多かったり、また、生活に追われて、そこまでの貯金はなかなかできないのが、現状のようです。

ですから、みんなでお金を出し合って大きな金額を貯めておいて、亡くなった場合その中から保険料に見合った保険金を出していく、というのが保険という考え方です。保険料によってみんなでお金を出し合って、また、人はいっぺんに亡くならないという前提ですので、急にみんなが保険を解約し始めたり大勢の人が急になくなって一度に保険金を払わなければいけないようでは、みんなで出し合ったお金がなくなってしまいます。

ですから、保険に入る人はどの保険会社が大丈夫かどうかと、考えて選んで保険に加入する必要があります。保険とは、命の値段です。保険金額とはなくなった場合にいくら受け取りたいかを考えて決めます。そしてその保険金額を死んだときにもらえるために生きているときに払い込んでおくのが保険料です。通算の保険料が保険金額を上回ったり下回ったりするのは、保険の支払いが、簡単に払われるものか万一の場合だけに払われるか、満期金があるかどうかなどによっても保険料は変わってきます。保険料が高いかそうでないかの違いです

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ