その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

更新型の保険は将来値上がりするので避ける

以前からあった主流の定期付終身保険は保険期間が一生ですので保険料はずっと同じですが、定期保険の部分は10年ごとに更新しなければならないタイプが主流でした。
10年ごとに保険料がぐんと上がっていくのです。

更新時に保険料を見直し、30歳のときに加入したとして、30歳の保険料で10年間は同じですが更新時10年後40歳になっているので40歳の保険料を払わなければなりません。保険にかける費用は通常、大体このくらいと、決まっている方が多いでしょう。

そのために、転換、といって、今の保険を全部解約して解約金をもとに新しい保険にはいりなおすことを勧められたりするのですが、解約となると、実はそのままにしていたほうが年利が高かったりして解約すると損をしてしまったりすることがあります。
自分でも保険の知識を持っていないと、10年ごとにこのやり取りがあるのです。更新型はそういった意味でも厄介ですので、更新しなくてもすむ、終身型などを選ぶほうが得でしょう。

損益分岐点は42歳あたりです。その前に本当は終身型死亡保障保険と終身型医療保障保険に入っておけば万全です。ただし、終身型は保険料が高いのも現実で、それをいかに低くするか、内容が自分の要望とあっている、保険に加入するかが、とても重要です。保険料をいつまで支払うか、定年前の60歳ごろには保険料の払い込みを完了してしまい、定年後は、保険料は払わなくとも保障は一生続くようにするか。

または、それですと、保険料が高くなってしまうのは当然ですので、保障を低く抑えてみるとか、いろいろシュミレーションしたほうがよいです。保険会社によって、商品によっても、内容も保険料の設定も様々です。終身型となると保険会社の経営が良好かもある程度視野に入れておかないといけないでしょう。インターネットで保険会社の経営格付けなども調べられます。終身型の保険に入るときは用心し、できれば保険ショップなど詳しい人を交えて考えるのもよいでしょう。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ