その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

医療保険は終身のものを選ぼう、共済では老後が心配です

60歳などで満期になってしまう医療保険では、本当に必要なときに医療保障がなくなってしまいます。未来のことで想像しにくいかもしれませんが、終身のものを選んでおくのが安心です。

以前逆さやで騒がれていたころ、安全な保険として共済が取り上げられていて、民間生命保険から共済に入りなおした方も多かったです。しかし、共済は60歳ぐらいで保険期間が終わってしまいます。60歳以降の継続が可能な共済もありますが、保障内容が下がってしまう商品が多いです。

逆に考えれば、支払いが少ないから、共済を運営する方もリスクが少なく、掛け金も安くできるのです。

共済か医療保険かで悩む方も多いですし、共済の方が割安に見えますが、終身の医療保障と比較すると共済はちょっと物足りないのです。

年齢が上がってから医療保険に入ると高額になりがちなので、早いうちに終身医療保険に加入しておく方がお得です。

60歳以降になってからこそ保険の出番です。40歳ぐらいまでに 終身タイプの医療保険に入っておけば、損益分岐点が45歳前後ですので、まだ保険料は安く抑えられます。これが50歳になってから医療保険に入ろうとすると、毎月の保険料はかなり高くなって、これならば保険に入らないで貯蓄すればいいのでは……と躊躇してしまうくらいです。

実際、病気のために貯金しておくことができればよいのですが、そうもなかなかいきません。
入院することなく、最期を迎えられればいいのですが、自分では選ぶことができませんよね。健康に注意して毎日規則正しく暮らしておくことが精一杯です。

貯蓄が十分できる自信がない方は、高額でも40代のうちに終身医療保険に入っておくとよいでしょう。
60歳で保険料払い込み完了するタイプもあります。もちろん終身で保険料を払い続けるものより、月々の支払いは高額になります。収入の多い時代のうちに負担しておくのも手です。終身払い続けるのと、60歳保険料払い込み完了タイプとでは、90歳ぐらい高齢になっていて、健康であれば、60歳払い込み完了タイプのほうがお得です。自分の家系が超高齢であるのなら、60歳完了タイプをお勧めします。

医療保障は、リスクが高いので保険会社としても博打のような商品は作っていません。ちょっと保険料を払っただけでこんなに保険金が下りた!ということは少ないのです。誰しも病気で入院する可能性は高いのです。高齢になればなるほど、その可能性が増していきます。30代で亡くなってしまう確率とは雲泥の差です。


どういう医療保険に入るのがいいかとお悩みの方には、保険ショップでの相談をおすすめします。
保険ショップでは、無料で保険加入や保険見直しの相談に乗ってくれます。医療保険はもちろん、死亡保険の金額を決める計算などもしてくれるので、便利です。

自宅や最寄りの喫茶店などに出張訪問してくれるサービスもあります。

もし利用を検討するなら、その前に以下の二つの記事もチェックしてみてください。

保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由
保険ショップに行く前に必ず知っておくべき4つのポイント

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ