その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

アカウント型など複雑な保険はやめておく

アカウント型保険とは、自由設計型利率変動型積み立て終身保険のことですが、保険に詳しい人が自由に作り上げる保険といえるので、あまりお勧めできません。最近は複雑な商品であるため、敬遠されてしまっているのが現状です。複雑な設計の保険は保障内容がわかりにくくなっているのでお勧めできません。定期死亡保障、終身死亡保障、医療保障は、別々に用意するのが基本と思っておきましょう。

アカウント型保険は、以前、主流だった定期保険特約付終身保険の、更新時に保険料が上がっていくデメリットを解消した、後継商品として売り出されました。
アカウント型保険のよいところは、払い込む保険料を10年から15年の保険期間の掛け捨て定期保険に、充当する分と、貯蓄としてとっておく分とに分けられることでしたが、貯蓄額が占める割合が少なくなってしまう設計になっていることが多かったのです。
そうしなければ負担する保険料が高くなってしまうからです。

保険料が高くては保険が売れないので保険料を抑えるために積み立て部分が極端に少ない状態になってしまったのです。結局 更新時に、保険料が高くなってしまうために貯蓄部分だけでは足りなくなってしまいます。これでは定期保険特約付終身保険となんら変わらず、更新時に保険料が倍に跳ね上がってしまうこともあったり、さらに悪いことに、終身保険でもないということになっていて、契約者はなんだかわからないまま保険料を払い続けることになってしまうのです。
きちんと、自分の趣旨を単純化するほうが、わかりやすくてよいのです。

保険料は高額でも、終身保険の保険金額はどのくらいにするか、医療保険は、保険金額はどのくらいか、保険料は何歳まで払い続けるのか、保険期間を終身にする、など わかりやすくしておけば、誰がみてもすぐ納得し、自分がどんな保険に入っているか把握でき、万一のことがあったときに請求し忘れることもなくするためです。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ