その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

貯蓄性保険のメリットとデメリット

学資保険や低解約返礼金型終身保険、個人年金保険などは貯蓄性がある保険です。メリットとして、保険料として支払うので強制的に貯蓄できること、銀行貯金よりも利率が高い可能性がある点、死亡時に保険金が入る点などがあります。

昔は養老保険など還元率の高い保険がもてはやされました。しかし今、このご時世では、保険会社の運用によって還元される可能性はとても少ないのです。低金利となって配当金もほとんどつかなくなりました。また、やむおえず途中で解約すると返戻金が払い込み額より少ない点、満期時に元本割れするリスクがある点があります。契約期間中にほかの事でお金が必要になったときに自由に使えない不便さがあります。どんなに貯蓄性があっても保険料が含まれているのです。

しかし、保険であるからこそ、なかなか解約することもなく、損得をあまり考えず、いざというときに大きなお金が入ってくるといくこともあります。遺産として日々の家計からは完全に切り離された大金としてキープできます。
解約して現金を手に入れたとしても保険は解約されてしまうので、保障が終わってしまいます。先ほどの養老保険など満期金のある保険は貯蓄性があるといわれています。途中で解約することを考えると解約の返礼率が低かったりしてだいたい満期まで動かさないようにしないと損をすることがほとんどです。

生命保険会社の運用ですから利率が高いということもあまりなく、まず、そう銀行のものと、変わりません。貯蓄は生命保険とは別にしておいて、掛け捨てで生命保険に加入するなど、貯蓄と生命保険は分けて考えたほうが本当はわかりやすくてよいです。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ