その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

学資保険で教育費を貯めながら死亡保障を得る

子供一人にかかる教育費は1000万円以上と言われています。

大事なお子様に十分な教育を受けさせたいと思うのは、親として当然の気持ちです。

教育資金の準備として一番に思い浮かべる手段は学資保険です。

貯蓄性高いもの、中でもアフラックやソニー生命の学資保険が人気です。

学資保険は主に大学進学時に備えて加入される事が多いのですが、ソニー生命の商品は設計度の自由度が高く、中学・高校の進学時に一時金をもらえるように設計できたり、また大学院進学時に受け取れるように22歳満期の設計にしたりできるになっています。

学資保険には契約者が死亡した場合に、その後の保険料が免除された上に契約時に設定した保険金が受け取れる特約がつけられる商品がありますので、利回りばかりではなく万一の事を考えた商品を考えましょう。

また学資保険といってもさまざまです。

貯蓄だけではなく医療保障がついたものなど保険会社各社、色々な商品が出ています。

さまざまな保障がついていると一見お得なようにも見えますが、その分貯蓄部分の利回りは悪くなっています。

保障内容が他に加入している保険と重複していなければ一本化されてわかり易くなったり、便利になったりしますが、セールスマンのトークに乗せられて、無駄な保障がついたものに加入してしまう人もいます。

学資保険を検討していた当初の目的を見失うことなく各自のニーズあった選択をすることが重要です。

学資保険と名前がついていなくても、利回りだけについて考えれば低解約返戻金型定期保険の死亡保険に加入するというのもひとつの手段です。

なぜ定期保険かというと、低解約返戻金型終身保険よりも利回りの良いからです。教育資金という目的なので、解約時期が明確なためあえて利回りが悪くなる終身保険を選択する理由が見当たりません。

また、死亡保険でもあるので払い込み中に、契約者が死亡してもしっかりと死亡保険金が支払われますので、残されたお子様も安心です。

学資保険、低解約返戻金型死亡保険とこの二つに言える事は、払い込み期間が長いということです。

のんびりしていると、あっという間に加入できる時期を逃してしまいますので気をつけましょう。

お子様が生まれたら、お子様の将来について早い段階で計画することが大切です。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ