その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

ガン保険は医療保険との違いをしっかり理解したい

ガン治療専用のガン保険がたくさん発売されていますが、ガンは普通の医療保険では支払われないのでしょうか?

答えはNOです。

ガンで入院した時でも、一般の医療保険から入院給付金などの保険金の支払いを受けることが可能です。

逆に単体のガン保険では、通常の病気は保障されません。

では、ガンだけに特化した保険がこれほどまでに注目されているのはなぜなのでしょうか。

昔に比べガンは不治の病ではなくなり、克服された方もたくさんいらっしゃいます。

しかし克服するまでには、数多くの困難が待ち受けています。

一番の大きな困難は、通常の病気よりもはるかにかかる治療費です。

最近ではガンの治療法としては先進医療の【重粒子線治療】が注目されていますが、費用が約300万円必要になる上、先進医療を受けた場合はその治療費は高額療養費制度の対象外となります。

また退院しても、通院が長期に及びます。ガンの治療に集中したいのに、金銭面の負担が重すぎて思うように治療が受けられない方も数多くいらっしゃるのが現状です。

いざ、ガンになった時の為に事前にしっかりと用意しておきたい、そんなニーズに応えるのがガン保険です。

病気死亡の要因第一位であることから、ガン保険の加入を検討している方も多いのではないのでしょうか?

また、放射線の影響を心配してお子様にガン保険をかける方も増えてきました。

医療保険にガン治療に特約としてつけるものも、またガン保険単体での商品もあり、様々なタイプのもの保険会社各社から発売されており、では加入する際はどういった点に気をつければ良いのでしょうか?

ガンについての特約、またはガン保険に加入する際に最も気をつけなくてはならないのは、「悪性新生物」と「上皮内新生物」の取扱いです。

ガン保険には「ガンと診断されたら●●万円!」と、CM等でおなじみのフレーズで有名な診断給付金がついている商品が多々あります。

これは医師がガンと診断した時点で支払われる一時金なのですが、ガンとは言っても正確には「悪性新生物」と「上皮内新生物」に分類されます。

保険会社によっては「悪性新生物」と「上皮内新生物」の支払われる金額が違う場合があります。(もちろん、同じ扱いにしている会社もあります。)

また、ガンには再発リスクがあります。

この診断給付金の支払いが一度だけであるのか保険期間中は何度でも支払いを受けられるものなのかは、保険会社によって様々です。

同じ保障金額でも保険料に差が出る場合は、保険金が給付される条件の確認をしっかりして、いざという時に後悔しないような商品を選びましょう。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ