その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

死亡保険には、定期保険と終身保険と養老保険の3種類がある

死亡保険は保障期間や保険金の支払われ方により、大きく分類すると定期保険・終身保険・養老保険の3種類に分類されます。

各保険の特徴を順番に説明していきましょう。

・定期保険

死亡保障が必要な期間を定めて、その期間のみ死亡保障を確保する保険です。

なお、その期間を終了すると保障は無くなります。3つの中で割安な保険料で、万一の際は大きな保障が得られるので、教育費や住居費といった莫大なお金が必要となる若い世帯に人気です。

原則として掛け捨てであり、解約返戻金も満期返戻金もなく貯蓄性はありませんが、定期保険の中でも、低解約返戻金型定期保険といった解約返戻金がある定期保険もあります。

・終身保険

一生涯にわたり保障されます。保険金の支払いを受けるときは、被保険者(保険の対象者)がお亡くなりになった時です。

お亡くなりになると必ず保険金が支払われるので、残されたご家族は安心です。

また掛け捨てではないので解約時に解約返戻金があるため、貯蓄性があります。しかし、同額の死亡保障額だけを比べると定期保険に比べ保険料が高くなりますので、なかなか高額の死亡保障を設計できないということ、保障期間が長期にわたるもの程将来の物価変動の予測がつかないことから、急激なインフレやデフレに対応し辛いなどのデメリットがあります。

・養老保険

満期までに万一、お亡くなりになった場合は死亡保障が受けられ、無事に満期を迎えられた時は死亡保険金と同額の満期保険金が支払われるという保険です。

この3つの中で死亡保険金額の設定の点のみで見ると保険料は一番高くなります。高金利の時代は貯蓄性が抜群で、かつては長期的な資産形成の手段にも使われ各保険会社の主力商品でしたが、低金利のこのご時世は大して旨みがないのであまり人気がありません。

どのタイプの保険にもメリット・デメリットがあります。

保険に加入する際は、家族構成・収入・貯蓄額・支出などを正確に把握して、将来に必要な補償を無理なく確保するために、あなたにとって最適なタイプの保険を選びましょう。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ