その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

生命保険の定義(医療保険を含むとき、死亡保険だけを指すとき)

生命保険というと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

やはり世間一般的に「亡くなった時にいくら」といった死亡についての保険が真っ先に思いつくでしょう。

生命保険とは保険業法上では「人の生存又は死亡に関し一定の保険給付を行うもの」と定義されています。

すなわち、病気に関する保障を行う医療保険についても生命保険に分類されます。

また、学資保険や個人年金保険も生命保険の仲間です。

生命保険会社が取り扱っている保険すべてを生命保険と呼んで間違いはありません。

生命保険は同じ「保険」と名前がつきますが自動車保険、火災保険といった「急激かつ偶然な外来」なアクシデントを補償する損害保険とは性質が大きく異なります。

こうした性質上の違いから、生命保険会社と損害保険会社でそれぞれ販売できるものが限定されていますが、医療保険や介護保険については生命保険と損害保険の両方の性質を兼ねるので、生命保険会社と損害保険会社の両方から販売できるようになっています。

生命保険は人の生死に関係する以上、人の人生を大きく左右するものだといっても過言ではありません。

最近ではネット通販などで気軽に加入できる生命保険なのですが、実は生命保険の契約は家を買う次に大きな買い物だと言われています。

購入した自宅が資産となるように、生命保険も立派な資産です。

国内の80%の人が何かしらの生命保険に加入しているという調査結果もありますが、自分が加入している保障内容を把握していない方も多く見受けられます。

加入するきっかけの中には、親族、友人のお付き合いであったり、職場に訪問してくるセールスレディであったりで断るにも断れない状況で契約してしまっているものもあるのではないでしょうか?

(ちょっとした補足ですが生命保険の場合、契約してから早期(だいたい2年)の解約は、販売したほうにペナルティを課せられたりするものもあるので、すぐに解約する予定ならば最初から加入しないほうが、セールスマンのためになります。)

このぐらいの保険料ならまぁいいかと捨てるつもりで契約していたものの、資産と考えると真剣に向き合ってみようと思いませんか?

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ