その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

女性向け医療保険で女性特有のリスクに備える

女性特有の病気について手厚く保障する医療保険がありますが、これは本当に必要でしょうか?

すでに十分な補償をつけた医療保険に加入しているのであれば、それほど魅力を感じられませんが、まだ何も医療保険に加入されていない方は検討材料の一つとして見てみましょう。

女性向けの医療保険に加入するメリットとは何なのでしょうか?

女性特有の病気であっても通常の治療の範囲であるならば、高額療養費制度の適用は可能ですし、一般の医療保険の支払いも受けられます。

子宮ガンで先進医療を受けた場合でも、女性向けの医療保険でなければ支払われないという事もなく、一般の医療保険で先進医療費を付保していれば支払われますし、ガン保険に加入していればガン保険からも支払いを受けられます。

別に女性向けの医療保険でなくても良い訳です。

では、女性向け医療保険に加入するメリットはまったく無いのでしょうか?

乳ガンに治療を受けた際に、乳房の切除に悲しむ女性たちが多くいます。

その場合には乳房再生手術があり、乳房の再生をします。ただ、これは一部公的な保険が適応されますが、自由診療であるため費用が高額になります。

すべての商品ではありませんが、この乳房再生手術を受けた際に一時金が支払われるような女性向けの医療保険も存在します。

女性にとってはありがたいと思われる保障内容です。

この問題点は女性向け医療保険とは特に宣伝していない実費型医療保険のAIU[スーパー上乗せ健保]の高額医療・住宅改造費用等保険金という特約でサクっと解決できてしまいます。

他社の女性向け医療保険では「乳房再生手術」ばかりに注力していますが、AIUのこの特約は乳房再生手術ばかりではなく、抗がん剤により抜け落ちた頭皮のために買うウィッグ代も支払われます。

また、リハビリ器具の購入費用にも使えますので、自由度の高い特約です。

その上、一時金という形ではなく300万円を限度にかかった実費が支払われます。

残念ながら、こちらの保険は終身ではなく定期のみの販売ということです。

術後の容姿変貌のリスクを考えられて女性向けの商品を検討される場合は、どのタイプがご自分にメリットがあるのかよく比べてみましょう。

最後に、女性向け医療保険に【なぜか!】よくつけられている無事故ボーナス関連のお祝い金の類。

確かに貰う時は嬉しいかもしれませんが、その分普段の保険料が割り増しされており、自分のお金が戻ってきているだけです。

女性の心理を巧みに利用している商品です。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ