その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

宮城県民共済を調べました。

宮城県民共済の加入資格

宮城県民共済に加入できる条件は宮城県に住んでいるか、宮城県の会社に勤務していることです。

岩手県民共済の商品ラインナップ

宮城県民共済の商品ラインナップは他の都道府県民共済と同様、生命共済と火災共済があります。生命共済には「こども型」(0歳から18歳まで)、「総合保障型」「入院保障型」(18歳から65歳まで)、「熟年型」「熟年入院型」(65歳から85歳まで)があります。また、総合保障型入院保障型熟年型熟年入院型には医療特約やがん特約、三大疾病特約を付加することができます。

総合保障型の保障内容

宮城県民共済の総合保障型は隣県である岩手県民共済や山形県民共済とはその保障内容が多少異なります。総合保障型の保障内容は次のようになります。なお、ここでは1型の内容となりますが、18歳から60歳までの場合、2型の内容は1型の内容を単純に2倍にしたものです。60歳から65歳は若干保障内容が薄くなる部分があります。

岩手県や山形県など隣県の県民共済と比べた場合、交通事故による後遺障害については保障が見劣りするものの、それ以外では同等以上の内容となっています。

[入院保障]

事故 1日あたり2,500円(1日目から184日目まで)
病気 1日あたり2,250円(1日目から124日目まで、岩手県や山形県では2,000円)

[通院保障]

事故 通院当初から1日あたり750円(14日目から90日目まで、岩手県や山形県では500円)

[後遺障害]

交通事故  300万円(1級)から12万円(13級)まで(岩手県や山形県では330万円から13.2万円)
不慮の事故 190万円(1級)から7.6万円(13級)まで(岩手県や山形県では150万円から6万円)

[死亡・重度障害]

交通事故  500万円
不慮の事故 390万円(岩手県や山形県では320万円)
病気    200万円((岩手県や山形県では170万円)

割戻金について

また、平成23年度の宮城県民共済の割戻率は22.37%となっています。岩手県民共済は26.78%、山形県民共済は31.70%となっているので、隣県に比べると低い数値と言えますが、保障内容が手厚いことが影響しているとも考えられます。なお、総合保障型と入院保障型の割戻率は同じ料率です。熟年型、熟年入院型が33.25%、こども型が22.00%、新火災共済が40.01%であり、これは隣県と同様の数値となっています。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ