その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

東京都民共済を調べました。

東京都民共済の加入資格

東京都に住まいがあるか、勤務先が東京都であれば、東京都民共済に加入することができます。

東京都民共済の商品ラインナップ

東京都民共済の商品ラインナップには生命共済と火災共済があり、これは他の都道府県民共済と同様となっています。なお、生命共済には「こども型」(0歳から18歳まで)、「総合保障型」「入院保障型」(18歳から65歳まで)、「熟年型」「熟年入院型」(65歳から85歳まで)があります。また、総合保障型入院保障型熟年型熟年入院型には医療特約やがん特約、三大疾病特約を付加することができます。

総合保障型の保障内容

東京都民共済総合保障型は隣県である千葉県民共済や神奈川県の県民共済である全国共済とは同じ内容ですが、埼玉県民共済とは違いがあります。東京都民共済の総合保障型は次のようになります。ここで示している保障内容は1型のもの(月額掛け金1,000円)です。2型は、18歳から60歳までであれば、単純に掛け金と保障内容が2倍になります。

[入院保障]

事故 1日あたり2,500円(1日目から184日目まで)
病気 1日あたり2,250円(1日目から124日目まで)

[通院保障]

事故 通院当初から1日あたり750円(14日目から90日目まで)

[後遺障害]

交通事故  300万円(1級)から12万円(13級)まで
不慮の事故 190万円(1級)から7.6万円(13級)まで

[死亡・重度障害]

交通事故  500万円
不慮の事故 390万円
病気    200万円

埼玉県民共済はその共済保障内容がかなり特徴的です。生命医療共済という名称で呼ばれているものが他の都道府県の総合保障型に相当しますが、月掛け金は2,000円からしかありません。埼玉県民共済の入院保障は1日目から120日目までであるものの18歳から60歳の人には、病気、事故に限らず1日あたり8,000円(東京都民共済の場合、事故で5,000円、病気で4,500円)であり、また手術給付金(入院中の手術5万円、外来による手術1万円)もあります。但し、60歳から65歳までは保障内容が小さくなります。

割戻金について

平成23年度分の東京都民共済割戻率33.80%である一方、埼玉県民共済は40.88%、千葉県民共済は31.05%、全国共済は27.90%です。千葉県民共済や全国共済に比べると、東京都民共済に加入している方が、メリットがあったということです。埼玉県民共済と比べた場合、コスト面では東京都民共済が見劣りしますが、保障内容も異なるため、加入の際には慎重な判断が必要となります。

共済と終身医療保険についても書いています。
共済に加入検討中の方は、老後の保障で注意が必要です!!

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ