その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

共済は安い掛け金で医療保障や死亡保障を得られる

共済とは

共済とは、職業や居住地などある一定の条件で共通点を持った人たちが資金を出し合い、怪我や病気、事故にあった時に、その資金の中から保障を行う事業のことを言います。

コープ共済全労済都道府県民共済JA共済など、様々な共済がありますが、共通して言えることは、営利を目的としておらず、組合員同士の助け合いという理念のもとに活動しているということです。ここが民間の保険会社との違いとも言えます。生命保険会社や損害保険会社は営利を目的として事業活動を行っています。

割戻金の仕組み

この違いは、割戻金という形で表れてきます。民間の保険会社は営利を目的としていますので、ある程度の利益を内部留保したうえで、配当を行っています。これに対して、共済は利益の確保を目的としていないので、ある事業年度で得られた利益のほとんどを組合員に返金しているのです。これが割戻金と呼ばれるものです。割戻金の率は共済によって異なりますがかなり高いです。例えば、都民共済の総合保障型では平成23年度における割戻金は33.8%、新型火災共済では40.01%となっています。但し、これは毎年約束されたものではありません。その事業年度に保険金の支払いが多くなれば、割戻金は減ることになります。

共済のメリットとデメリット

共済のメリットの1つがこの割戻金です。割戻まで考慮した実質保険料はかなり安くなります。保障内容がシンプルでわかりやすいといった点も評価できます。但し、都道府県民共済のように、保障内容がある年齢までは年齢を問わず、保険料が一律であることもあります。このような場合、年齢の高い人にはメリットになりますが、若い人にとってはデメリットになります。また、60歳を過ぎると保障が薄くなるような商品もありますので気を付けましょう。

共済は「保険料が安い」とか「割戻金がお得」というイメージをもたれる方が多いですが、その分、保障が小さかったりもします。自分が希望している保障内容を満たしてくれるかどうかということをしっかりと確認しておくことが重要です。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ