その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

生命保険会社の扱う保険

生命保険会社が扱う保険商品

生命保険会社では、もともと保険業法上で言うところの第一分野の保険を扱っており、2001年7月に第三分野の保険の取り扱いができるようになってから、第三分野の保険も扱うようになりました。第一分野が指す保険とは人間の生死に関わるリスクを保障する保険です。具体的には終身保険定期保険養老保険などを指します。一方、第三分野が指す保険とは、第一分野にも第二分野にも属さない保険です。具体的には、医療保険介護保険傷害保険を指します。

損害保険会社が扱う保険商品

なお、損害保険会社は、第二分野と第三分野の保険を扱っています。第二分野の保険とは「物」に関する保険であり、火災保険自動車保険を指します。どの保険分野を扱っているかを理解することで、生命保険会社と損害保険会社の区別をすることができます。第一分野を扱う保険会社が生命保険会社、第二分野を扱う保険会社が損害保険会社ということになります。

「長生きをするリスク」に対応する保険

「生死に関わるリスク」と言うと、死亡した時にいくら支払われるのか、ということがまずイメージされがちですが、「長生きをするリスク」というものもあるということを押さえておきましょう。「長生きをするリスク」というのは、会社で定年を迎え、収入が減少してしまい、老後の経済的余裕が小さくなってしまうということです。このようなリスクにも生命保険で対応することができるのです。長生きをするリスクに対応するための生命保険としては養老保険年金保険が挙げられます。

死亡を保障する保険

一方で、死亡した場合に遺族の生活費を補填するものとして終身保険定期保険が挙げられます。終身保険であれば生涯にわたって保障がされますので、必ず、遺族に保険金が支払われることになります。また、定期保険は保険期間が限られていますが、その分、終身保険に比べ割安な保険料で大きな保障を得ることができます。

第三分野の保険

また、第三分野の保険である医療保険は病気や怪我で入院したり手術したりした場合に、介護保険は一定の介護要件を満たした場合に、傷害保険は怪我をした場合に、それぞれ保険金が支払われる内容となっています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ