その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

アフラックを調べました

アフラックの成り立ち

アフラック(Aflac)「アメリカンファミリー生命保険会社」の通称であり、正式名称からもわかる通り、アメリカを母国とした生命保険会社です。1955年にアメリカのジョージア州で設立され、1974年に日本支社ができています。保険代理店や金融機関の窓口での販売が大きなシェアを占めており、代理店募集も積極的に行っています。

ソルベンシーマージン比率について

財務の健全度を表すソルベンシーマージン比率は平成24年9月期で627.9%となっており、前々年、前年と比べ少しずつソルベンシーマージン比率が上昇し続けています。

アフラックの営業方法

アフラックと言えば、テレビコマーシャルでもコーポレートキャラクターの「あひる」が有名です。あひるが登場したのは2000年からです。コーポレートキャラクターにアヒルが採用された理由はアメリカではあひるが「家族や親しみを表すシンボル的な動物」だと考えられていたからです。また、アヒルの鳴き声(Quack・クワック)が「アフラック」に近かったことも採用理由の1つとなっています。

日本で初めてがん保険を販売

アフラックは、がん保険や医療保険が広く認知されていますが、これはアフラックが設立された3年後の1958年に世界で初めて「がん保険」を開発し、日本でも初めてがん保険を販売した保険会社であるからです。「生きるを創る」という言葉がブランドプロミスとなっており、がん保険の開発には特に力を入れています。日本の場合、第三分野の保険は、事実上、外資系の保険会社にしか取り扱いが認められていなかったために、日本でのがん保険や医療保険の販売は急速にシェアを広げていきました。2004年には、日本で、個人保険・個人年金保険合計の保有契約件数が業界第1位となっています。

アフラックの主力商品

アフラックの主力商品は、「生きるためのがん保険Days(デイズ)です。保障内容は、がんと診断された時点で100万円の保険金が支払われ、入院保障のみならず、手術、放射線、抗がん剤治療の三大治療をするための通院に対しても、保険金が支払われます。入院治療のみならず、通院治療が増えた時代において、ニーズに合った保障がそろっていると言えます。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ