その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

マスミューチュアル生命を調べました

マスミューチュアル生命の成り立ち

マスミューチュアル生命保険は、アメリカのマスミューチュアル・フィナンシャルグループに属する生命保険会社です。1907年に設立され、横浜生命保険平和生命保険などの旧名でした。1999年にアメリカの別グループの一員となり、2001年に今の社名になりました。

ソルベンシー・マージン比率について

23年度末のソルベンシー・マージン比率が463%となっています。他の生命保険会社と比較すると低めの値です。財政的な健全性のラインとされる200%は上回っていますが、これは過去に破綻したことのある生命保険会社の数値に近いものです。

取り扱っている保険商品

マスミューチュアル生命保険で扱われる商品にはさまざまな国際通貨建てで保険料が受け取れるのが特徴です。円建て米ドル建て豪ドル建てといった国際通貨で保険を選ぶこともできるのです。

「アットウィル」の年金型には円建てと豪ドル建てがあります。どちらも契約時に据置期間を設定し、年金金額を積み立てる仕組みになっています。基本給付金額が設定されているので、満期になれば最低限の年金原資は確保されます。確定年金や終身年金など、年金の受け取り方が選べます。また、死亡時の死亡給付金の受け取り方についても数通りから選ぶことができます。豪ドル建てであれば高い金利を受けられますが為替リスクがあります。ただし、年金受取時には円での受け取りを見送ることもできます。

「アットウィル」には終身保障に特化したプランもあります。保険金は死亡保障のみで受取人ごとに受け取り方を選ぶことができます。69歳未満なら途中で積立利率を見直すタイミングがあり、途中で状況に合わせたプランに変更も可能です。死亡保険金額には積立金額・基本保険金額・解約払戻金額から一番大きなものが選ばれます。積立金の運用が不調だった場合にも積立金額分が保険金になるのでリスクは小さいでしょう。ただし、解約する場合の払戻金額には運用の結果がそのまま反映されます。死亡保障では一括か年金の受取方法があり、組み合わせることもできます。

マスミューチュアル生命の営業方法

それぞれの商品によって募集代理店の銀行や証券会社が決まっています。例えば、みずほ銀行や大和証券、三井住友銀行などがそれぞれの商品の募集を行なっています。また、マスミューチュアル生命の用意するカスタマーサービスセンターに電話で問い合わせする手段もあります。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ