その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

アイアル少額短期保険を調べました

アイアル少額短期保険の成り立ち

アイアル少額短期保険は昭和59年4月に設立された少額短期保険業者です。もともと学生総合保険の販売に特化した損害保険の代理店として営業をしていた会社です。平成23年2月には保険会社出身者で構成されたライズ社を合併しています。資本金は9,950万円、職員は役員含めて13名であり、東京都中央区に本社を構えています。社名の「アイアル」には「愛のある保険の提供を目指す」という意味が含まれています。平成23年度末におけるソルベンシー・マージン比率は6102.2%となっています。

アイアル少額短期保険の営業方法

営業方法はダイレクト通販、インターネットを通じた直販、代理店営業となっています。代理店営業については、多くの代理店を抱えるというのではなく、マーケットを有している代理店、又はマーケットに近い分野を扱っている代理店を開拓しております。平成23年度末における代理店の数は56店です。

取り扱っている保険商品

アイアル少額短期保険では、医療保険「愛ある医療保険」、不妊治療を開始している人でも加入することができる「子宝エール」、家財保険「愛ある家財保険」、賃貸住宅管理費用保険「無縁社会のお守り」を取り扱っています。

特に注目すべき保険商品は「子宝エール」です。一般の医療保険では、不妊治療中は治療扱いということで、加入することができません。このような女性の不安を解消するために開発された保険商品と言えます。卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、骨盤腹膜炎、子宮内膜ポリープ、帝王切開の4つ以外の疾病については保障対象にするなど、内容がわかりやすく設計されています。また、死亡保険金なし、女性疾病の場合の入院給付金は日額1万円、病気・怪我による入院の場合には日額5,000円(どちらも連続5日入院した場合に1日目から支給、1入院60日が限度)、手術一時金10万円という内容で、30歳の女性でも月額1,850円という割安な保険料を設定しています。

この「子宝エール」はアイアル少額短期保険が、実際に、治療されている方からアンケートを取ったり、座談会を開いたりして、ニーズを吸い上げて開発された保険商品となっています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ