その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

日本アニマル倶楽部を調べました

日本アニマル倶楽部の成り立ち

日本アニマル倶楽部は東京都文京区と宮城県仙台市に本社を構えるペット保険専門の少額短期保険業者です。2002年11月に設立されました。大株主は太平エンジニアリングであり、その他、三井住友グループの投資事業有限責任組合、あいおいニッセイ同和損害保険が名前を連ねています。

日本アニマル倶楽部の財務内容

平成23年度末において、資本金は8億9,059万円、総資産は4億3,546万円となっており、繰越損失を抱えている状況となっています。また、大株主である太平エンジニアリングについては、財務内容が公表されておらず、加入を検討する際には、ある程度の注意が必要となります。販売は自社のホームページからの問い合わせ、代理店制度を取っています。

取り扱っている保険商品

日本アニマル倶楽部が取り扱っている保険商品は「PRISM」のみです。ペットが病気や怪我をして動物病院で治療をした場合の保険です。PRISMの大きな特徴は実費補償であるということです。限度額は設定されているものの、限度額を超えることがなければ自己負担額はゼロになります。他社のペット保険では定率補償の商品もありますので、実費補償という商品設計は比較検討する際には大きなアピールポイントになっています。また、保険料が上がらないという点も魅力の1つと言えます。

プランは5つ用意されており、入院保険金、通院保険金、手術保険金、がん手術保険金などの違いにより分かれています。また、犬・猫の場合には終身更新することが可能となっています。契約対象となっているペットは、犬・猫・小動物・鳥類・爬虫類となります。なお、保険金が支払われない場合が細かく規定されているので、加入される場合には、十分に気をつけておく必要があります。

PRISM実費補償であるなど、他社商品に比べ、優位性が認められる点もありますが、日本アニマル倶楽部の財務内容が良好とはいえず、母体である太平エンジニアリングの財務内容も公表されていないため、財務基盤に不安が残ります。また、ペット保険ではアニコムホールディングスが圧倒的なシェアを持っており、強力な競合相手となっています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ