その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

ブロードマインド少額短期保険を調べました

ブロードマインド少額短期保険の成り立ち

ブロードマインド少額短期保険は、総合保険コンサルティンググループであるブロードマインドにより2007年3月に設立されました。本社は東京都渋谷区に構えています。

ソルベンシー・マージン比率について

平成23年度末のソルベンシー・マージン比率は855.8%と前年の361.8%と比べると大きく改善しています。平成23年度末における資本金は8,500万円、総資産は1億6,341万円であり、組織としては小さめの少額短期保険です。

代理店を通じての販売を主としており、平成23年度末における代理店数は159店となりました。ダイレクト通販も行っており、最近は、インターネットを通じたダイレクト通販チャネルが伸びています。

取り扱っている保険商品

ブロードマインド少額短期保険の販売商品は生命定期保険入院保障付生命定期保険無選択型生命定期保険の3種類となりますが、主力商品は入院保障付生命定期保険となっています。ブロードマインド少額短期保険では入院保障付生命保険を「けんこう+プラス」という名称で販売しています。1入院における入院保障日数は160日と他社の医療保険に比べると長めの設計になっています。タイプは6つあり、保障額で決めるタイプが3つ、保険料で決めるタイプが3つになっています。また、保険に加入するに当たり、医師の診断は不要であり、告知だけで加入できます。

2012年には生命定期保険生きるんじゃ!」が発売されました。要介護認定4又は5の状態になった時、または労災障害等級2級または1級の障害が体に残った時に一括して保険料を支払うという保障内容です。保障額が300万円、500万円、700万円という3つのプランがあります。解約返戻金や満期保険金をなくし、1年更新型としたことで、割安な保険料を実現しています。また、90歳まで保障が自動更新されます。

ブロードマインド少額短期保険の入院保障付生命保険は入院保障が1入院あたり160日ということをアピールポイントにしていますが、実際に、そこまで長く入院することがあるかということを考えると疑問を感じます。入院保障日数が60日や120日の医療保険と、保険料を見比べながら検討すると良いです。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ