その悩み、保険ショップで相談してみませんか?

まごころ少額短期保険を調べました

まごころ少額短期保険の成り立ち

まごころ少額短期保険は東京都渋谷区に本社を構える生命保険会社です。2008年3月に設立をし、同2008年12月より販売を開始しています。ジェイエイチディが主要株主であり、議決権の49.1%を保有しています。また、RGA再保険会社と提携しており、再保険としての万一の保障に備えているだけでなく、システム上の技術提供も受けています。

ソルベンシー・マージン比率について

平成23年度におけるソルベンシー・マージン比率は766.5%となっています。資本金は2億9,725万円ですが、3期連続の赤字決算となっており、財務内容には注意が必要です。まごころ少額短期保険の営業方法は通信販売代理店販売です。ホームページ上で保険申し込みができる他、電話による保険申込みもできます。また、代理店展開は東京を中心に行なっています。

取り扱っている保険商品

まごころ少額短期保険では、総合医療保険定期保険医療保険医療保険金付定期保険を扱っています。注目すべき保険商品は総合医療保険です。これは生命保険の医療保障と損害保険の所得補償を組み合わせた商品設計となっています。通常の所得補償保険では、うつ病などの精神行動障害については免責となっていますが、まごころ少額短期保険の総合医療保険では、精神行動障害についても通院保険金として1日2,000円が支払われます。

また、まごころ少額短期保険が扱う医療保険は、しばしばマタニティ雑誌でも取り上げられています。契約日以降の妊娠であれば、普通分娩で入院された時に7日間まで保障(入院給付日額1万円)することが注目されています。通常の医療保険では妊娠が原因での入院が保障されないため、他社の医療保険との大きな違いと言えます。同様に普通分娩で入院した場合にも加入できる医療保険として、フローラル共済の「なでしこくらぶ」が一緒に取り上げられる事が多いです。保障内容、保険料が異なりますので、違いをしっかりと比較することが重要です。なお、まごころ少額短期保険の医療保険の場合、30歳~34歳までの保険料が月1,648円、月35歳~39歳の保険料が1,215円と35歳を境に、一旦、下がっています。一方、「なでしこくらぶ」の場合には年齢にかかわらず、一律、月2,500円となっています。

こちらもどうぞ→保険選びに来店型保険ショップやFP訪問保険相談がオススメな3つの理由

保険ショップの店舗を地域ごとにまとめて探せるサービスです。↓


※ほけんの窓口は掲載されていないので、こちらのほけんの窓口公式サイトから探してみてください。

【保険選びで悩んでいる人へ】

【保険のお勉強】

  • 必須知識
    保険加入前に必ず知っておいて欲しい知識を集めました。厳選していますので、ここだけは読んでほしいカテゴリーです!
  • 保険ショップQ&A
    保険ショップに関する疑問に答えます!

コメントを残す

サブコンテンツ